Finding our way -留学体験記-

留学中編 >「カルチャーショック」新着一覧

  • 2015/11/19
    「留学は人生への投資? 〜シカゴで見つけた6つの適応力〜」
    執筆者:久保田 智哉(シカゴ大学 生化学・分子生物学) 
    シカゴ大学 生化学・分子生物学でポスドクをしております久保田智哉と申します。この度、知人にご紹介いただいたご縁で、全世界日本人研究者ネットワークと実験医学(羊土社)との共同企画『留学のすゝめ!』の留学体験記コンテンツへ寄 ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    先達はあらまほしきことなり
    執筆者:陽川 憲  留学先:ボン大学(ドイツ)
    研究室に配属される学部4年生の頃にはすでに、科学者として生きていこうという熱い思いはあったものの、将来頭に思い描くプロフェッショナルに成るためにはどこから手を付けていけば良いのか正直よく分かりませんでした。また、学部、修 ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    イタリア留学で学んだこと:人の絆と研究と、ときどきワイン
    執筆者:藤村 篤史  留学先:Italia, Università degli Studi di Padova, Dip. Medicina Molecolare, Stefano Piccolo
    私は2015年5月末までイタリアのパドヴァ大学というところに研究留学しておりました。多くの皆さんがイメージされるように、海外への研究留学といえば米国が第一に、次いで英国やドイツ、フランスなどが挙がると思います。そのイメー ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    離れても繋がっている仲間たち:ウィーンへ里帰りして考えたこと
    執筆者:土松 隆志(東京大学)  留学先:グレゴール・メンデル植物分子生物学研究所(オーストリア),チューリッヒ大学(スイス)
    ポスドクとして2年半を過ごしたオーストリア・ウィーンで国際学会が開催されるというので,つい先日参加してきました.約1年ぶりの里帰り.昔の同僚や友人に会えるのが学会以上に楽しみで,たまった学生レポートの採点をなんとか終わら ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    異質の衝突が生み出すケミストリー
    執筆者:谷 知己 (Marine Biological Laboratory, Associate Scientist)  留学先:ハワイ大学パシフィックバイオメディカルリサーチセンター(アメリカ)
    「留学によって得る“仲間”という宝物」というテーマをいただきました。私はいろいろな人たちと積極的に仲間の輪を広げていくのがそれほど得意ではありませんが、研究を進める上での仲間の大切さについては、自分の経験で得た確信ととも ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    人と人との絆
    執筆者:篠原 眞理  留学先:Duke University School of Medicine, Department of Immunology(アメリカ)
    この度、UJAの「留学体験記」に寄稿させていただくことになりました篠原と申します。大学院からアメリカに来ました。最初はそれこそPhDなんてとんでもない、と思っていてマスターのコースに行こうと思っていました。しかし、大学時 ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    案ずるより産むが易し 〜“その一歩”であなたは変わる〜 
    執筆者:勝本 恵一  留学先:The Danish Stem Cell Center(Danstem), University of Copenhagen(デンマーク)
    私は、2010年6月より海外留学を開始しました。今年でちょうど、海外留学生活5年目を過ぎたところです。私の専門分野は、発生生物学になります。日本では、鹿児島大学大学院理工学研究科で坂井雅夫教授の指導を受け、ツメガエル シ ... 続きを読む
  • 2015/08/19
    将来の独立のために役立つことを
    執筆者:中村 崇裕  留学先:テクニオン(イスラエル工科大学)(イスラエル)
    私は博士課程修了後すぐに、ポスドクとしてイスラエルに2年半ぐらい行っていました。留学先の選び方、として、博士課程の時のボスには、すでにestablishしている大ボスのところに行くか、独立したての若いボスのところに行くか ... 続きを読む
  • 2015/07/16
    落ちこぼれ留学体験記
    執筆者:河野 恵子(Keiko KONO)(名古屋市立大学医学部・大学院医学研究科・細胞生化学教室 講師)  留学先:Harvard Medical School/Dana-Farber Cancer Institute David Pellman Lab
    留学してみたいけれど実力に自信がない、あるいは英語に壁を感じるなどの理由で留学をためらっている人がいたら、思い切って飛び込んでみて欲しいと思います。私は2005年から2012年まで、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボスト ... 続きを読む
  • 2015/06/18
    「君にも取れるよ」手渡されたノーベル賞メダル
    執筆者:河野 龍義  留学先:インディアナ大学医学部 リサーチアシスタントプロフェッサー
    2008年6月に私は妻と2歳の息子と3人でアメリカ中西部インディアナ州に降り立ちました。 博士課程の途中で結婚し、子育てをしながら博士論文を仕上げ、研究分野を医工学に移した翌年には妻も子育てに追われながら博士を取得しまし ... 続きを読む