Finding our way -留学体験記-

留学中編 >「豆知識」新着一覧

  • 2015/11/19
    「留学は人生への投資? 〜シカゴで見つけた6つの適応力〜」
    執筆者:久保田 智哉(シカゴ大学 生化学・分子生物学) 
    シカゴ大学 生化学・分子生物学でポスドクをしております久保田智哉と申します。この度、知人にご紹介いただいたご縁で、全世界日本人研究者ネットワークと実験医学(羊土社)との共同企画『留学のすゝめ!』の留学体験記コンテンツへ寄 ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    夫婦二人三脚のボストン留学
    執筆者:中川 草(東海大学医学部)&中川 春菜  留学先:Department of Organismic and Evolutionary Biology, Harvard University(米国マサチューセッツ州)
    はじめに 私(中川草、以下「草」)が留学先(研究室)を探す上でまず一番に考えたことは“自分のこれまでの経験を踏まえた上で、今後身につけたい知識・技術を習得できる環境であること”でした。留学を検討していた当初は、土地柄や日 ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    留学中常に頭をよぎる2つのこと
    執筆者:柏木 哲  留学先:Vaccine & Immunotherapy Center, Massachusetts General Hospital, Harvard Medical School
    実践的なものについては他の方々が書かれておられますので、私が思うポスドク中にやっておく?ことを2つ、挙げてみたいと思います。 1.常に、独立志向的発想 日本では大学院から助手(助教)、そのまま同じ研究室/講座内で上へ、と ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    人と人との絆
    執筆者:篠原 眞理  留学先:Duke University School of Medicine, Department of Immunology(アメリカ)
    この度、UJAの「留学体験記」に寄稿させていただくことになりました篠原と申します。大学院からアメリカに来ました。最初はそれこそPhDなんてとんでもない、と思っていてマスターのコースに行こうと思っていました。しかし、大学時 ... 続きを読む
  • 2015/09/17
    Tomorrow is another day.
    執筆者:池田 幸樹  留学先:University of Cincinnati(アメリカ)
    私は、妻と息子の3人でアメリカ・オハイオ州シンシナティに留学し、妻もまた同時に研究生活をしております。海外での研究に興味が出たのは渡米の1年と3ヶ月前になります。その時、10ヶ月になったばかりの息子は妻の付き添いの下、病 ... 続きを読む
  • 2015/09/17
    既婚者必読!留学では配偶者への配慮も必要です
    執筆者:松浦 薫  留学先:Molecular Cellular Physiology, University of Cincinnati(アメリカ)
    現在私はアメリカ、オハイオ州シンシナティ大学(UC)でresearch associateとして働いています。何故か? それは研究者をしている旦那がどうしても留学をしたいと言うので仕方なくついていくことにしたからです。英 ... 続きを読む
  • 2015/09/17
    家族に海外留学を切り出すなら早いうちに〜同伴者の立場から
    執筆者:湯川 文香  留学先:夫の留学先:シンシナティ(アメリカ)
    同伴者の退職と心の準備 アメリカ行きが現実になったとき、いつかは海外で研究をしたいという夫の意志をかなり前から聞かされていた私は、それほど驚くことはありませんでした。心の準備は大変ではなかったと記憶しています。それは、海 ... 続きを読む
  • 2015/08/19
    北米の研究室でバイオインフォマティクスの研究者として働き始めるには
    執筆者:斎藤 輪太郎  留学先:Project Scientist Department of Medicine, University of California, San Diego, La Jolla, California, USA.
    下記の回答はあくまでも私の個人的見解です、自己責任で参考にして下さい。主に30歳代の方対象です。 Q:米国で研究者として働くには、事前に沢山の卓越した業績が必要なのでしょうか。 A:希望職位によります。 確かに米国で有名 ... 続きを読む
  • 2015/08/19
    Post-doctoral training先の選び方
    執筆者:南嶋 洋司(慶應義塾大学医学部医化学 講師 / JST, ERATO, 末松ガスバイオロジープロジェクト グループリーダー)  留学先:2002~2004: Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School, Boston, MA, U.S.A.
    2004~2010: Howard Hughes Medical Institute, Dana-Farber Cancer Institute, Harvard Medical School, Boston, MA, U.S.A.
    どうやってPost-doctoral training先を選んだか? 大学院卒業後は海外でのpost-doctoral trainingを希望していたが、学位取得に必須であった論文の受理が4年生の12月までずれ込み、 卒 ... 続きを読む
  • 2015/08/19
    留学夜話~留学先の選び方
    執筆者:宮道 和成(東京大学大学院農学生命科学研究科 特任准教授)  留学先:Stanford大学(アメリカ)
    私は2006年に坂野仁先生(東大・理・生物化学)の指導下で博士号を取得し、米国Stanford大学のLiqun Luoラボに留学しました。博士課程2年目の終わりも近づく新春に坂野先生から「国内で別のラボに行くのは許さん。 ... 続きを読む