Finding our way -留学体験記-

留学前ドキドキ編 >「留学をしようと思ったきっかけ」新着一覧

  • 2015/11/19
    夫婦二人三脚のボストン留学
    執筆者:中川 草(東海大学医学部)&中川 春菜  留学先:Department of Organismic and Evolutionary Biology, Harvard University(米国マサチューセッツ州)
    はじめに 私(中川草、以下「草」)が留学先(研究室)を探す上でまず一番に考えたことは“自分のこれまでの経験を踏まえた上で、今後身につけたい知識・技術を習得できる環境であること”でした。留学を検討していた当初は、土地柄や日 ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    「先生、ただ今戻りました」
    執筆者:松井 稔幸  留学先:Broad Institute of MIT and Harvard(アメリカ)
    T君:「MITって大学がすごいらしいで」 K君:「へ~~、俺はマサチューセッツ工科大学ってのが凄いって聞いた」 T君:「え、だからMITやろ?」 今でもはっきりと覚えている、高校時代の休み時間の会話である。ご存知の通り、 ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    生涯サイエンティストとして成功することとは
    執筆者:池田 史代 (IMBA,ウィーン)  留学先:ゲーテ大学 生化学第二講座 (フランクフルト)
    あなたは生涯のうちに何を達成したいですか? たとえ今はっきりした答えがなかったり、答えが変わったりしてもよいですが、この質問を頭において毎日を過ごすことがとても大事だと思います。これをふまえて、海外でサイエンスをすること ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    先達はあらまほしきことなり
    執筆者:陽川 憲  留学先:ボン大学(ドイツ)
    研究室に配属される学部4年生の頃にはすでに、科学者として生きていこうという熱い思いはあったものの、将来頭に思い描くプロフェッショナルに成るためにはどこから手を付けていけば良いのか正直よく分かりませんでした。また、学部、修 ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    留学によって得る“仲間”という宝物
    執筆者:檜井 孝夫(広島大学病院 消化器外科・移植外科 臨床准教授)  留学先:Division of Molecular Medicine and Genetics, Department of Internal Medicine, University of Michigan Medical School
    私は、1998年から2006年までの8年間、米国ミシガン州アナーバーにあるミシガン大学(University of Michigan)に研究留学しました。もともと消化器外科医ですが1994年から大学院生として、広島大学生 ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    西海岸で紡いだ“人と人”の繋がり
    執筆者:西野精治(スタンフォード大学医学部精神科教授、SCNLab所長)  留学先:スタンフォード大学
    私は1982年大阪医科大学を卒業後、2年の研修医を経て1984年4月より母校の大学院へ進学しました。ちょうど同じ時期に京都大学生理学教室教授を定年退官された非常に著名であられる早石修先生が母校の学長に来てくださる事となり ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    留学先における体験談-人間関係にフォーカスして-
    執筆者:中澤 直高  留学先:シンガポール国立大学メカノバイオロジー研究所
    はじめに 私は、2013年から、シンガポール国立大学メカノバイオロジー研究所で研究員をしています。学位をとって間もない研究者ですが、今回、留学中の人間関係にフォーカスして、体験記を書かせていただきます。個人的な意見と少し ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    異質の衝突が生み出すケミストリー
    執筆者:谷 知己 (Marine Biological Laboratory, Associate Scientist)  留学先:ハワイ大学パシフィックバイオメディカルリサーチセンター(アメリカ)
    「留学によって得る“仲間”という宝物」というテーマをいただきました。私はいろいろな人たちと積極的に仲間の輪を広げていくのがそれほど得意ではありませんが、研究を進める上での仲間の大切さについては、自分の経験で得た確信ととも ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    人と人との絆
    執筆者:篠原 眞理  留学先:Duke University School of Medicine, Department of Immunology(アメリカ)
    この度、UJAの「留学体験記」に寄稿させていただくことになりました篠原と申します。大学院からアメリカに来ました。最初はそれこそPhDなんてとんでもない、と思っていてマスターのコースに行こうと思っていました。しかし、大学時 ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    案ずるより産むが易し 〜“その一歩”であなたは変わる〜 
    執筆者:勝本 恵一  留学先:The Danish Stem Cell Center(Danstem), University of Copenhagen(デンマーク)
    私は、2010年6月より海外留学を開始しました。今年でちょうど、海外留学生活5年目を過ぎたところです。私の専門分野は、発生生物学になります。日本では、鹿児島大学大学院理工学研究科で坂井雅夫教授の指導を受け、ツメガエル シ ... 続きを読む