ポスドク公募のお知らせ

2018/8/24 (キャリア情報)

A postdoctoral position in the laboratory of Dr. Joseph C. Glorioso (Dept of Microbiology and Molecular Genetics, University of Pittsburgh School of Medicine, Pittsburgh, PA, USA)

The Glorioso Lab team carries out studies to apply gene therapy to the treatment of diseases of the nervous system that include chronic pain and brain tumors. Dr. Glorioso is offering an exciting opportunity for a post-doctoral fellow to develop treatments for glioma using advanced oncolytic HSV vectors. Applicants interested in the field of immuno-oncology would be most appropriate. However, students experienced in molecular virology and animal models of disease are also welcome. The lab is well supported by NIH grants for next 5 years. This position is available immediately. The Glorioso lab is located in Bridgeside Point-2, Room 434 in the Department of Microbiology and Molecular Genetics. Please contact Dr. Glorioso at 412-327-1363 (cell) or 412 648-8358 (office).

私が以前所属していたDr. Joseph C. Gloriosoの研究室にて、ポスドク研究員を募集しております。

Dr. Joseph C. Glorioso はヘルペスウイルスを用いた遺伝子治療研究では第一人者として知られており、これまでに数多くの優れた業績を上げてきました。 本研究室ではこれまでに様々なウイルスベクターを開発しており、これらを(1)遺伝子治療(2)がん治療(3)幹細胞研究への応用を目標としています。 今回の新規のプロジェクトでは、新しいがん治療用ウイルスベクターの開発に従事する研究者を探しています。

University of Pittsburgh School of Medicine は全米有数の研究施設で研究者だけでも約1万人が在籍し,ピッツバーグ大学 は学部生約27,000人、大学院生約17,000人を抱える大型総合大学であり、USニューズ&ワールド・レポートの大学ランキングでは全米の州立大学の中で上位20位以内に入っています。またピッツバーグ大学医療センター(UPMC)は、全米で最も優れた病院の1つに数えられており、ライフサイエンス研究を行うには大変恵まれた環境です。

Pittsburghは以前は鉄鋼の街として知られていましたが、現在はピッツバーグ大学、カーネギメロン大学等のアメリカでもトップレベルの大学が複数存在し、学問、医療都市として知られています。また治安が全米中でも非常に良く、日本人が生活する上で大変住み良い町です。アメリカで最も住みやすい町ランキング1位に輝きました。(2007年 Places Rated Almanac, 2010年 Forbes.com)(参考:ピッツバーグ便利帳 https://sites.google.com/site/pghbenricho/)興味を持たれました方は、CVを添付の上、私、宮川(yoshitaka-miyagawa@nms.ac.jp)、あるいはDr. Gloriosoにメールでご連絡下さい。アメリカでの生活、または研究内容などの御質問がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

(References)
Artusi S et al. Diseases. 2018, PMID: 30110885
Han F et al. J Virol. 2018 PMID: 29950408
Miyagawa Y et al. Mol Ther Methods Clin Dev. 2017 PMID: 28702475
Verlengia G et al. Sci Rep. 2017 PMID: 28368370
Uchida H et al. Curr Cancer Drug Targets. 2018 PMID: 28176649
Okubo Y et al. J Virol. 2016. PMID: 27707922
Goins WF et al. Curr Opin Virol. 2016 PMID: 27614209
Reinhart B et al. Mol Ther Methods Clin Dev. 2016 PMID: 27382601
Shibata T et al. Gene Ther. 2016 PMID: 26905369
Majima T et al. Hum Gene Ther. 2015 PMID: 26204493
Miyagawa Y et al. Proc Natl Acad Sci U S A. 2015 PMID: 25775541
Mazzacurati L et al. Mol Ther. 2015 PMID: 25200130
Simonato M et al. Nat Rev Neurol. 2013 PMID: 23609618
Uchida H et al. J Virol. 2013 PMID: 23152509
Uchida H et al. Mol Ther. 2013 PMID: 23070115
Uchida H et al. J Virol. 2010 PMID: 20861246

連絡先:
宮川 世志幸(Yoshitaka Miyagawa, Ph.D.)
Email: yoshitaka-miyagawa@nms.ac.jp

Joseph C. Glorioso, Ph.D.
Professor of Microbiology and Molecular Genetics
Department of Microbiology and Molecular Genetics
University of Pittsburgh, School of Medicine
428 Bridgeside Point 2
450 Technology Drive
Pittsburgh, PA 15219
phone: +1 412-648-8538
email: glorioso@pitt.edu

コメントは停止中です。