「 キャリア情報」のアーカイブを表示中です。

日本医療研究開発機構(AMED)から公募のお知らせ

2017/12/14 (キャリア情報)

平成30年度 「革新的医療技術創出拠点プロジェクト」関連シーズ【「橋渡し研究戦略的推進プログラム」に係るシーズの公募/「革新的医療シーズ実用化研究事業」の合同公募】を開始しました。

【公募期間】平成29年12月14日(木) ~ 平成30年1月15日(月)
※橋渡し研究支援拠点が提出する書類の提出期限は、平成30年1月11日(木)です。

詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/05/01/0501B_00003.html

「橋渡し研究戦略的推進プログラム」につきましては、応募時点で日本国内機関に所属していなくとも、来年4月1日時点で日本国内機関に所属している予定であれば応募できます。(「革新的医療シーズ実用化研究事業」のほうは日本国内機関に所属していないと応募できません)

日本医療研究開発機構(AMED)から公募のお知らせ

2017/12/13 (キャリア情報)

平成30年度 「臨床研究・治験推進研究事業」に係る公募(1次公募)を開始しました。

【公募期間】平成29年12月12日(火) ~ 平成30年1月12日(金)

詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/05/01/0501B_00009.html

応募時点で日本国内機関に所属していなくとも、2018年4月1日時点で日本国内機関に所属している予定であれば応募できます。

平成30年度 「統合医療」に係る医療の質向上・科学的根拠収集研究事業 に係る公募について

2017/12/6 (キャリア情報)

臨床研究・治験基盤事業部 臨床研究課では『「統合医療」に係る医療の質向上・科学的根拠収集研究事業』に関する公募を開始しました。

【公募内容】
「統合医療」に係る医療の質向上・科学的根拠収集研究事業は、漢方、鍼灸等の「統合医療」に関する研究を行い、国民および医療従事者の健康保持や疾病治療・予防の選択肢を増やし、医療の質の向上をはかるための委託事業です。
【公募期間】平成29年12月1日(金) ~ 平成30年1月12日(金) 正午

詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/05/01/0501B_00004.html

平成30年度 「研究データの質向上の指導者育成のためのプログラム開発事業」に係る公募について

2017/12/6 (キャリア情報)

平成30年度 「研究データの質向上の指導者育成のためのプログラム開発事業」に係る公募を開始しました。

【公募期間】平成29年12月4日(月) ~ 平成30年1月19日(金)

詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/10/01/1001B_00005.html

Nakatani RIES Fellowship 2018 米国留学生募集のお知らせ

2017/12/6 (キャリア情報)

Nakatani RIES FEllOWSHIP 2018の募集が始まりました。

詳細は下記のURLからご覧ください。
https://www.nakatani-foundation.jp/business/ries_top/

2018 Nakatani RIES: Research and International Experience Fellowship for Japanese Students in the U.S.
Website (in JP): https://www.nakatani-foundation.jp/business/ries_top/
Register with Nakatnai Foundation:

国際学生交流プログラム助成


Application Deadline: February 2, 2018 (Japan Time)
Program Dates in the U.S.: Sunday, August 12 – Sunday, September 23, 2018

国立研究開発法人理化学研究所 生命医科学研究センター(仮称) 融合領域リーダー育成プログラム 代謝エピジェネティクスYCI ラボ 特別研究員募集

2017/11/25 (キャリア情報)

【募集研究室】
理化学研究所(横浜支部) 生命医科学研究センター 代謝エピジェネティクスYCI ラボ
Young Chief Investigator(YCI)井上 梓

【募集職種、募集人数及び職務内容】

募集職種・募集人数:
特別研究員 1 名
職務内容:
上記研究室の概要に記載した研究を遂行するため、RNA-seq, ChIP-seq, DNA メチローム, ATAC-seq等の統合的な解析、および顕微操作や分子実験を行う。

※ご本人の希望に応じて、(i) 井上研専任の研究員、あるいは、(ii) 井上研と古関明彦研のジョイント研究員として採用することが可能です。これらに待遇の違いはありませんが、井上研専任の場合はエフォートの半分をウェット実験に割くことができます。ご質問等、井上まで遠慮なくお問い合わせください。

〔研究室を主宰するYCI について〕
これまでに、受精卵におけるDNA の脱メチル化機構(1-5)、雄性クロマチンのリモデリング機構(6)、クロマチン構造の発生動態(7)、母性ヒストンによるインプリンティング機構の発見(8, 9)などの成果をあげてきました。生物モデルとしての受精卵のユニークな特性を生かし、顕微操作技術 (3-9)と独自に確立した母性タンパク質ノックダウン法 (6, 10) および最先端の少数細胞クロマチン解析技術 (4, 7-9) を組み合わせることで、当該分野をリードしています。今後は母性ヒストンによるインプリンティング研究を展開し独自の世界を築きます。そして世代を跨いだ代謝疾患のエピジェネティクス遺伝機構に挑戦します。

*主な業績*
Google scholar: https://scholar.google.com/citations?user=qtZOfZIAAAAJ&hl=ja&scioq=
1. Inoue and Zhang, 2011 Science 334(6053):194.
2. Inoue et al., 2011 Cell Research 21(12):1670-6.
3. Inoue et al., 2012 Cell Research 22(12):1640-9.
4. Shen*, Inoue* et al., 2014 Cell Stem Cell 15, 459-70.
5. Inoue et al., 2015 Cell Reports 10(4), 463-70.
6. Inoue and Zhang, 2014 Nature Struct Mol Biol 21, 609-16.
7. Lu*, Liu*, Inoue* et al., 2016 Cell 165(6), 1375-88.
8. Inoue et al., 2017 Nature 547(7664), 419-24.
9. Inoue et al., 2017 Genes Dev. 31(19) 1927-32.
10. Inoue et al., 2014 Protocol Exchange doi:10.1038/protex.2014.024

〔本公募の狙い〕
受精卵研究は、生殖医療・再生医療・畜産などの幅広い応用分野に密接に関連し、社会的にも重要な研究対象でありながら、その技術的な敷居の高さや方法論の希少さなどの理由により多くの重要な疑問が未解明で残されています。しかし近年の少数細胞・単一細胞の解析技術の革新に伴い、当該分野においてビッグデータが蓄積し始めています。この機運を利用して当該分野にブレークスルーを起こすには、受精卵の操作・解析技術に長けた研究者と、情報解析の専門家が密に連携することが必須です。私と共にこの分野を開拓する気概のあるパートナーを探しています。

〔こんな方にオススメ〕
・情報解析手法は身につけたけれど、どの生命科学分野で生きてゆくか、どの生物モデルを使うかなど長期ビジョンに悩んでいる方
・将来の独立に向けた準備をしたい方

【応募資格】
・バイオインフォマティクスに精通した博士号取得後3 年以内の者。取得見込み者も応募可。
(バイオインフォマティクス以外のバックグラウンドは不問。3 年以上の方は応相談。)
・上記、「研究室の概要」に記載する研究内容や職務内容を遂行するために相応しい知識、経験、実績を有しており、研究に意欲的・主体的に取り組める方。顕微操作や分子実験の経験は不問です。
・コミュニケーション能力があり、研究室内外の関係者と連携、協調して業務に遂行できること。

【着任時期】
2018 年4 月1 日以降(応相談)

【公募案内】
http://www.riken.jp/careers/researchers/20171122_7/

【問合せ先・書類送付先】

【書類送付先・応募に関する問い合わせ】
国立研究開発法人理化学研究所 横浜事業所
研究支援部 統合生命医科学研究センター採用担当
Email: IMS-recruit[at]riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。

【研究内容に関する問い合わせ】
井上 梓
Email: azusa.inoue[at]riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。

[Postdoctoral fellow position available at RIKEN in Japan]

A postdoctoral fellow position is available in a new laboratory, Azusa Inoue’s Lab. The lab studies mechanisms and functions of epigenetic reprogramming in mammalian early embryos.The lab is located at RIKEN Center for Integrative Medical Sciences (IMS) at Yokohama, Japan.We are seeking a Ph.D (or candidate) with strong bioinformatics background.

We are looking for a person who meets the qualification below;
• Ph.D. (or candidate) with excellent bioinformatics skills, such as integrated data
analyses for RNA-seq, ChIP-seq, DNA methylome, and ATAC-seq data sets, etc
• Person with self-motivation and written/oral communication skills
• Genome or epigenome biology background are preferred, but not required

[Inoue’s research]
I have been interested in epigenetic regulations and functions in mammalian oocytes and preimplantation embryos in which the epigenetic landscape is drastically reprogrammed at genome wide. In the past, I have studied the mechanism of paternal DNA demethylation (1-5), the mechanism and function of paternal nucleosome assembly (6), the developmental dynamics of accessible chromatin structures (7), and discovered a new genomic imprinting mechanism mediated by maternal histone methylation (8, 9). I integrate oocyte/embryo micromanipulation techniques (3-10), maternal protein depletion system (6, 10), and low-input cutting-edge chromatin analysis technologies (4, 7-9). In the future, I will study the mechanisms and functions of histone-dependent genomic imprinting and transgenerational epigenetic inheritance.

*References
1. Inoue and Zhang, 2011 Science 334(6053):194.
2. Inoue et al., 2011 Cell Research 21(12):1670-6.
3. Inoue et al., 2012 Cell Research 22(12):1640-9.
4. Shen*, Inoue* (co-first) et al., 2014 Cell Stem Cell 15, 459-70.
5. Inoue et al., 2015 Cell Reports 10(4), 463-70.
6. Inoue and Zhang, 2014 Nature Struct Mol Biol 21, 609-16.
7. Lu*, Liu*, Inoue* (co-first) et al., 2016 Cell 165(6), 1375-88.
8. Inoue et al., 2017 Nature 547(7664), 419-24.
BioArt (Chinese): http://mp.weixin.qq.com/s/TI2Pgdl8YDKzyYpZN7AYGg
HHMI (English): http://www.hhmi.org/news/scientists-identify-new-way-cells-turn-genes
9. Inoue et al., 2017 Genes Dev. 31(19) 1927-32.
10. Inoue et al., 2014 Protocol Exchage doi:10.1038/protex.2014.024

[Inoue’s carrier]
2011 Ph.D. at University of Tokyo, Japan
2011-12 Postdoc at Yi Zhang lab in University of North Carolina at Chapel Hill, USA
2012-15 Postdoc at Yi Zhang lab in Harvard Medical School/Boston Children’s Hospital
2015-18 Research Specialist at Yi Zhang lab/HHMI
2018- Young Chief Investigator at RIKEN IMS, Yokohama, Japan

[The purpose of this recruitment]
Recent innovations have made it possible to profile epigenetic modifications at a single locus level in rare biological samples, such as mammalian oocytes and preimplantation embryos. More and more NGS data will be accumulated in this field in the next years. The following main stream will definitely be ‘manipulation’ of the epigenome to understand its biological functions. To materialize this, embryologists and bioinformaticians have to cooperate more closely. Since this field has far-reaching impacts on human society and medical sciences including artificial reproductive technologies, regenerative medicine, and agriculture, it will become a more attractive content in the near future. I am seeking my research partner with high motivation and strong bioinformatic skills. If a successful candidate desires, I am happy to teach wet experiments including micromanipulation techniques and cutting-edge chromatin technologies so he/she prepares for establishing their own labs.

[Terms of contract]
1. One-year fixed-term employment contract, renewable based on evaluation, up to three
years since the initial date of hire. The period may be extended depending on the
budget situation, etc.
2. Salary is determined annually on the basis of the employee's experience, abilities and
research results. Commuting and housing allowances will be provided in accordance
with RIKEN regulations and social insurance applies (health insurance, pension
insurance, worker's accident compensation insurance, unemployment insurance, etc.).
Mandatory membership in the RIKEN Mutual Benefit Society (RIKEN Kyosaikai).
3. Holidays: Saturdays and Sundays, Japanese national holidays, New Year holidays
(Dec.29-Jan.3), and RIKEN Foundation Day (4th Monday in October).

[Location]
RIKEN Center for Integrative Medical Sciences (IMS)
1-7-22 Suehiro-cho, Tsurumi-ku, Yokohama, Kanagawa, 230-0045, Japan
http://www.ims.riken.jp/english/about/access.php

[Application deadline]
Until the position is filled
[Start of employment]
As early as Apr 1st, 2018 (Negotiable)

[Application]
Please send a cover letter and your CV with a photograph and a publication list to Inoue
(azusa.inoue [at] childrens.harvard.edu) by e-mail. Please write all documents in English or
Japanese.

[Selection process]
Skype interview after document screening.
We will offer a brief bioinformatic skill test for successful candidates of the Skype interview.
The result will be informed by e-mail.

[Contact information]
Azusa Inoue
azusa.inoue [at] childrens.harvard.edu or azusa.inoue [at] riken.jp
*Replace [at] to @

AMEDから公募のお知らせ

2017/11/10 (キャリア情報)

平成30年度「慢性の痛み解明研究事業」1次公募(1)(2)について

平成30年度「慢性の痛み解明研究事業」1次公募(1)(2)を開始しました。
【公募期間】平成29年11月2日(木)~12月4日(月)正午
詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/01/05/0105B_00197.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年度「腎疾患実用化研究事業」1次公募について

平成30年度「腎疾患実用化研究事業」1次公募を開始しました。
【公募期間】平成29年11月2日(木)~12月1日(金)正午
詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/01/05/0105B_00194.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年度「免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(移植医療技術開発研究分野)」1次公募について

平成30年度「免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(移植医療技術開発研究分野)」1次公募を開始しました。
【公募期間】平成29年11月2日(木)~12月4日(月)正午
詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/01/05/0105B_00196.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年度「新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業」に係る公募について

平成30年度「新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業」に係る公募を開始しました。
【※ご連絡】
11月2日(木)12:00~14:00頃の約2時間、公募要領等について異なるファイルを掲載しておりました。
この間に資料をダウンロードされた方は大変お手数ですが、再度ダウンロードをお願い致します。
ご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません。
【公募期間】平成29年11月2日(木)~12月6日(水)正午
【公募説明会】平成29年11月9日(木)14時00分~(予定)AMED本部(東京・大手町)
3事業「肝炎等克服緊急対策研究事」「エイズ対策実用化研究事業」
「新興・再興感染症に対する革新的医薬品等研究開発推進事業」合同説明会
詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/01/06/0106B_00190.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年度 「肝炎等克服緊急対策研究事業」に係る公募について

平成30年度 「肝炎等克服緊急対策研究事業」に係る公募を開始しました。
【公募期間】平成29年11月2日(木)~12月6日(水)正午
【公募説明会】平成29年11月9日(木)14時00分~(予定)AMED本部(東京・大手町)
3事業「肝炎等克服緊急対策研究事」「エイズ対策実用化研究事業」
「新興・再興感染症に対する革新的医薬品等研究開発推進事業」合同説明会
詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/01/06/0106B_00191.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年度「エイズ対策実用化研究事業」に係る公募について

平成30年度「エイズ対策実用化研究事業」に係る公募を開始しました。
【公募期間】平成29年11月2日(木)~12月4日(月)正午
【公募説明会】平成29年11月9日(木)14時00分~(予定)AMED本部(東京・大手町)
3事業「肝炎等克服緊急対策研究事」「エイズ対策実用化研究事業」
「新興・再興感染症に対する革新的医薬品等研究開発推進事業」合同説明会

詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/01/06/0106B_00192.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「革新的がん医療実用化研究事業(平成30年度一次公募)」の公募のご案内

「革新的がん医療実用化研究事業」について、平成30年度一次公募を開始しました。
【公募期間】平成29年11月2日(木)~12月6日(水)正午
【公募説明会】平成29年11月13日(月)10時00分~12時00分(予定)AMED本部(東京・大手町)
【概要】
革新的がん医療実用化研究事業は、研究成果を確実に医療現場に届けるため、応用領域後半から臨床研究領域にて、革新的な診断・治療等、がん医療の実用化をめざした研究を協力に推進することにより、がんの本態解明からこれに基づく革新的な治療薬や診断・予防のためのバイオマーカー等の開発・実用化を目的とした研究の加速化を目指します。

詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/01/03/0103B_00189.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「成育疾患克服等総合研究事業- BIRTHDAY」の公募のご案内

「成育疾患克服等総合研究事業- BIRTHDAY」に係る公募をしています。多くの方の応募をお待ちしています。
【公募課題名】 詳細は募集要項をご覧ください。
【公募期間】平成29年11月2日(木)~12月4日(月)正午
【公募内容】
『成育疾患克服等総合研究事業-BIRTHDAY』では、ライフステージに応じた以下の様な疾患・健康課題についての研究開発提案を公募します。
1.生殖期:生殖補助医療で出生した児の安全性の検証及び不妊症(女性要因・男性要因)を克服するための研究
2.妊娠・出産期:不育症、妊娠高血圧症等
3.胎児期:母子感染、母子免疫、先天異常等の研究
4.新生児期:新生児スクリーニング、新生児脳障害、新生児肺障害、低出生体重児の発症機序と長期予後、新生児外科疾患
5.乳幼児期:乳幼児スクリーニング
6.学童・思春期:思春期のヘルスプロモーション
7.Life:胎生期から生涯の健康に影響する母子保健領域の疾患・健康課題等

詳細はリンク先ページにある公募要領をごらんください。
https://www.amed.go.jp/koubo/04/02/0402B_00199.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「女性の健康の包括的支援実用化研究事業-Wise」の公募のご案内

「女性の健康の包括的支援実用化研究事業-Wise」に係る公募をしています。多くの方の応募をお待ちしています。
【公募課題名】 詳細は募集要項をご覧ください。
【公募期間】平成29年11月2日(木)~12月4日(月)正午
【公募内容】
『女性の健康の包括的支援実用化研究事業-Wise』では、以下に記載の研究開発提案を公募します。
1.女性特有の疾病に関する研究:女性ホルモンが健康に及ぼす影響(月経関連疾患、更年期疾患、就労女性の心身の健康問題、女性のスポーツ障害等)、出産を契機とした女性の生涯の健康への影響(妊娠糖尿病等)、女性器等に関係する疾病(子宮・卵巣等)
2.男女共通課題のうち特に女性の健康に資する研究:若年女性の心身に視点を置いた研究(過度のやせ・肥満等)、性差に関わる研究(疾患性差・至適薬物療法など)

詳細はリンク先ページにある公募要領をごらんください。
https://www.amed.go.jp/koubo/04/02/0402B_00199.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年度 「循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業」に係る公募(1次公募)について

平成30年度 「循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業」に係る公募(1次公募)を開始しました。
【公募期間】平成29年11月7日(火) ~ 12月8日(金) 正午
詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/01/05/0105B_00198.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年度 「難治性疾患実用化研究事業」に係る公募(1次公募)について

平成30年度 「難治性疾患実用化研究事業」に係る公募(1次公募)を開始しました。
【公募期間】平成29年11月7日(火) ~ 12月11日(月) 正午
詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/01/05/0105B_00193.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年度 「免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患実用化研究分野)」に係る公募(1次公募)について

平成30年度 「免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患実用化研究分野)」に係る公募(1次公募)を開始しました。
【公募期間】平成29年11月7日(火) ~ 12月13日(水) 正午
詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/01/05/0105B_00195.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成30年度 「障害者対策総合研究開発事業」に係る公募(1次公募)について

平成30年度 「障害者対策総合研究開発事業」に係る公募(1次公募)を開始しました。
【公募期間】平成29年11月9日(木) ~ 12月14日(木)
詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/01/04/0104B_00006.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
AMEDメール配信サービスご案内

AMEDでは、公募やイベント開催に関する情報を、電子メールにてご希望の皆様にお送りするメール配信サービスを行っています。ご希望の方は「メール配信サービス登録フォーム」よりご登録をお願いいたします。
ご案内はこちらです。
https://www.amed.go.jp/pr/mailmagazine.html

またはAMEDホームページ https://www.amed.go.jp/ 上部の「メールマガジン登録」をクリックしてください。

ヴァンダービルト大学メディカルセンター ポスドクの募集

2017/11/8 (キャリア情報)

ヴァンダービルト大学医療センター (Vanderbilt University Medical Center; VUMC) の Haase 研究室(Volker H. Haase, MD) では新たにポスドク研究員を若干名募集しています。当研究室では主として遺伝子改変マウスを用いて、腎臓疾患や腎臓発生のメカニズム解明、及び代謝機構に関する研究を精力的に行っています。 最近の研究内容に関しては以下の文献をご参照下さい。

最近の業績:
Kobayashi H et al., Kidney Int. 2017; Urrutia AA et al., Blood 2016; Kobayashi H et al., JCI 2016;
Farsijani NM et al., JCI 2016;

VUMC:
VUMC はテネシー州の州都ナッシュビルに位置する米国南部の中核病院であり、特に腎臓内科や小児科領域で世界的に有名です。ナッシュビルは緑に囲まれた落ち着いた街で治安も良く、物価も安いことから、日本人研究者にとっては非常に住み心地の良い場所です。また街の人々はサザンホスピタリティーに溢れており、ご家族を連れて留学される方にも理想的な環境です。

ラボの特徴:
当ラボは少人数体制で緊密なディスカッションを行いつつ研究を進める方針で、これまでにも日本を含む世界各国からポスドクを迎えている国際色豊かなラボです。また Dr. Haase はスウェーデンのウプサラ大学教授も兼任しており、両ラボで協調してプロジェクトを進めています。Haase 研究室に興味がある方は、ラボメンバー (Research Assistant Professor) の Dr. Kobayashi (hanako.kobayashi@vanderbilt.edu) に日本語でお気軽にご相談下さい。

条件
着任時期:出来るだけ早い時期(応相談)
期間:2~5年
待遇:初年度(あるいは初期2年間)は海外学振やフェローシップを有することが望ましい。以降の期間延長や給与
等の待遇は、相談の上考慮します。
応募書類:CV(英文の履歴書)を下記まで、Email で送ってください。
送付先:
volker.haase@vanderbilt.edu or hanako.kobayashi@vanderbilt.edu
Principal Investigator:
Volker H. Haase, MD Professor,
Department of Medicine, Division of Nephrology & Hypertension, Vanderbilt University Medical Center
Tel.: 615.343.7254, Fax: 615.322.6854
文責 Volker Haase、 小林華子

https://www.jsn.or.jp/ryugaku/pdf/2017-08-vanderbilt-cg.pdf

北海道大学医学部医学研究院免疫学教室スタッフ募集

2017/10/31 (キャリア情報)

北海道大学医学部医学研究院免疫学教室スタッフ募集

求人内容:講師1名、助教1名

北大免疫学教室は1922年に細菌学教室として発足し、インターフェロン発見者の長野泰一博士を輩出するなど、長年にわたり感染症、感染免疫等の分野にて知られた伝統ある研究室です。この度、第6代教授の小林(テキサスA&M大学兼任)の着任内定に伴いスタッフを募集します。

研究内容

当教室の研究目標は自然免疫系、とくにNLR蛋白ファミリーによる適応免疫系活性化メカニズム、 さらに感染症および炎症性疾患における役割です。また、癌の主要免疫回避機構の発見に伴い、癌治療薬とバイオマーカーの開発を進めています。具体的にはNOD2遺伝子変異による腸管細菌フローラへの影響、 クローン病モデルを用いた新しい治療薬の開発、 NLRC5 / CITAによる MHC class I 分子転写機構, 癌細胞の免疫系からの逃避機構および新しい 癌治療薬の開発等を行っています。研究の概要については、https://research.tamhsc.edu/kobayashi/kobayashi-lab-research/を参考にして下さい。

技術的には免疫学的手法(FACS,adoptive tranfer等)、細胞学的手法 (培養、イメージング、CRISPR/Cas9等)、組織学的手法、遺伝子組み替えマウス作成、遺伝学的手法 (大データの統計学的処理等)等を用いています。

研究室のミーティングは基本的に英語で行われ、テキサスA&M大学の研究室とのオンライン合同カンファレンスが毎週行われます。スタッフには国際学会への積極的な参加、外部研究費の獲得が求められます。研究以外の業務として、新しい研究室の立ち上げ、医学部学部生の実習や教育、大学院生の指導等が含まれます。

着任時期:講師 2月1日以降、助教 1月1日以降
提出書類:研究業績リストを含む履歴書、推薦者(2−3名)の名前と連絡先

上記の書類をe-mail にてkobayashi@medicine.tamhsc.edu まで送付下さい。

問い合わせ先:

Koichi S Kobayashi, M.D., Ph.D.
Professor
Department of Microbial Pathogenesis & Immunology
College of Medicine, Texas A&M University
415A Reynolds Medical Building, College Station, TX 77843
979-436-0842 (office)
979-436-0841 (Lab)
Fax 979-436-0991
Email: kobayashi@medicine.tamhsc.edu
Website :http://research.tamhsc.edu/kobayashi/

 

日本医療研究開発機構(AMED)からのお知らせ

2017/10/21 (キャリア情報)

帰国予定の海外研究者の公募情報です。

  1. 平成30年度「地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)」に係る公募について

契約開始日もしくは平成30年6月1日のいずれか早い日において、日本国内の研究機関に所属して研究を実施する体制を取ることが可能な研究者も応募できます」

公募締め切り 平成29年10月30日

URL: http://www.amed.go.jp/koubo/030120170612.html

 

  1. 平成29年度「アフリカにおける顧みられない熱帯病(NTDs)対策のための国際共同研究プログラム」に係る公募について

契約開始日もしくは平成30年1月1日までに、日本国内の研究機関に所属して研究を実施する体制を取ることが可能な研究者も応募できます。」

公募締め切り 平成29年11月13日

URL: http://www.amed.go.jp/koubo/030120170915.html

 

  1. 平成30年度「地球規模保健課題解決推進のための研究事業(日米医学協力計画)の

若手・女性育成のため日米共同研究」に係る公募について―Viral Disease and Immunology Research: U.S.-Japan Cooperative Medical Sciences Program Collaborative Awards, 2018

平成30年3月中旬までに、日本国内の研究機関に所属して研究を実施する体制を取ることが可能な研究者も応募できます。」

公募締め切り:平成29年12月2日

URL: http://www.amed.go.jp/koubo/030120170926.html