「 キャリア情報」のアーカイブを表示中です。

【研究員募集】「老化におけるオートファジー分泌機構」医薬基盤・健康・栄養研究所

2018/1/13 (キャリア情報)

国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 KAGAMIプロジェクトのプロジェクトリーダー木村友則先生より「老化におけるオートファジー分泌機構の検討」というテーマに関する特任研究員募集のお知らせをいただきました。

興味のある方は、下記の募集要項をご覧いただき、直接木村先生にメールをお願い致します。

``````````````````````
医薬基盤研究所
KAGAMIプロジェクト 特任研究員募集

1. 募集人員:
特任研究員 1名

2. 所属
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所

2. 勤務先:
国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所
大阪府茨木市彩都あさぎ7-6-8

3. 業務内容:
老化におけるオートファジー分泌機構の検討

老化した細胞は細胞周期が停止するだけでなく、炎症性サイトカインなどの生理活性因子を分泌すること、また、この分泌が老化誘導に関与していることが知られています(老化随伴分泌現象、SASP)。一方でオートファジーは、細胞内分解システム考えられてきたが、シグナル配列を持たない蛋白の分泌経路(非典型的細胞外輸送)にも関与しており、その分子機構が我々の検討により解明されつつあります(Kimura T. EMBO J 2017、実験医学2017年7月号に解説)。さらには、老化関連分泌もオートファジーの機構を利用している可能性も報告されています。

本研究では、老化関連分泌に果たすオートファジーの役割を検討しています。
(HP参照)。本プロジェクトに積極的に参加してくださる方を募集しています。

4. 着任時期:
決定後随時(平成30年4月1日以降 時期については応相談)

5. 待遇:
給与及び勤務条件等については、当研究所の規程によります。
任期 平成31年3月末まで。ただし、年度毎の更新で延長可(評価による)。

6. 応募資格:
以下の条件を満たす者
(1)分子/細胞生物学的研究経験のある方。
(2)博士取得者(見込みを含む)
(3)新分野に挑戦する勇気と協調性のある方。仕事時間等はフレキシブルに対応します。

7. 提出書類:
(1)履歴書 (カラー写真貼付)
(2)研究業績(総説,原著,学会発表,所属学会等を記載)
(3)代表的論文のコピー
(4)これまでの研究概要と今後の抱負(A4判2枚程度、形式自由)
(5)推薦者1-2名の連絡先

8. 応募締切日:
適任者が決まり次第締め切ります。

9. 問い合わせ、書類提出先:
〒567-0085 大阪府茨木市彩都あさぎ7-6-8
国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
KAGAMIプロジェクト 木村友則
e-mail:t-kimura※nibiohn.go.jp (※に@を入力して送信願います。)
※e-mailで送付の場合、タイトルを「特任研究員応募」として下さい。

10. 審査方法:
書類選考後、面接対象者には追って日時等をご連絡させて頂きます。
なお、ご提出いただいた書類は返却いたしませんので予めご了承ください。
``````````````````````````````````````````````````````````````````

北海道大学 助教公募のお知らせ(遺伝子病制御研究所・分子腫瘍分野)

2018/1/10 (キャリア情報)

北海道大学遺伝子病制御研究所・藤田恭之ラボでは、現スタッフの独立に伴い、助教を募集中です。選考の上で最も重視する点は『将来PIになるポテンシャルがあるか』です。教授藤田とのディスカッションを参考あるいは指針に、自分のアイデアのもと細胞競合に関連するプロジェクトを強力に推進していく能力と情熱がある人を求めています。

詳細は下記のURLをご覧ください。
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D117110464&ln_jor=0

新潟大学脳研究所 教員公募について(細胞病態学(仮称)分野・教授1名)

2018/1/3 (キャリア情報)

本研究所では,関連する分野の教授が定年退職されることに伴い,機能強化に向けて,新任教授候補者の選考を行うので,下記のとおり公募をいたします。
なお,本公募では,分子生物学,細胞生物学,発生工学,生理学等を駆使して,ヒト脳疾患のシステム病態を広く探求し,当該分野を世界的に牽引できる方を募集します。特に病理学分野や臨床分野と協力して,ヒトの脳疾患メカニズムに対する新しい研究を展望される方を望みます。

採用予定日:平成30年4月以降のできるだけ早い時期
募集期間:平成29年12月12日(火)から 平成30年1月31日(水)まで ※必着
詳細は下記のURLをご覧ください。
http://www.bri.niigata-u.ac.jp/info/files/171212koubo.pdf

日本医療研究開発機構 平成30年度 「再生医療実現拠点ネットワークプログラム(幹細胞・再生医学 イノベーション創出プログラム)」に係る公募について

2018/1/3 (キャリア情報)

平成30年度 「再生医療実現拠点ネットワークプログラム(幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム)」に係る公募を開始しました。

【公募期間】平成29年12月26日(火) ~ 平成30年1月29日(月) 正午

詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/01/02/0102B_00005.html

応募時点で日本国内機関に所属していなくとも、研究開始時点で日本国内機関に所属している予定であれば応募できます。

「2018年度 JSPS Bridge Award」の募集について

2017/12/22 (キャリア情報)

このたび、「2018年度 JSPS Bridge Award」の募集を開始しましたので、ご案内いたします。
本事業は、アメリカにおける大学等の研究機関に所属し、優れた研究活動を行っている日本人研究者の日本への一時帰国を支援することにより、日米の国際研究協力を推進するとともに、国際的な研究環境で活躍する若手研究者の育成を促進することを目的としています。

[支援内容]

1.往復国際航空券(エコノミークラス)
2.滞在費(日額18,000円)*
3.日本国内交通費 *
4.セミナー等開催に係る会場費 *

*  滞在費、日本国内交通費、会場費は合計で30万円を上限とする。

「2018年度 JSPS Bridge Award」の概要や申請方法につきましては以下のHPをご覧ください。
http://jspsusa.org/wp/bridgeaward/

お問い合わせ先
JSPSワシントン研究連絡センター
bridge_award@jspsusa.org

担当;藤野、登島

日本医療研究開発機構 平成30年度 「再生医療実用化研究事業」に係る公募(一次公募)について

2017/12/22 (キャリア情報)

平成30年度 「再生医療実用化研究事業」に係る公募(一次公募)を開始しました。

【公募期間】平成29年12月22日(金) ~ 平成30年1月22日(月) 正午【厳守】

詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/01/02/0102B_00001.html

応募時点で日本国内機関に所属していなくとも、4月1日時点で日本国内機関に所属している予定であれば応募できます。

日本医療研究開発機構 平成30年度 「創薬基盤推進研究事業」に係る公募(1次公募)について

2017/12/20 (キャリア情報)

今回、平成30年度「創薬基盤推進研究事業」に係る公募(1次公募)では、
「1. 臨床エビデンスに基づく創薬ターゲット研究」、「2. 革新的創薬関連の技術開発」、
「3. バイオ医薬品等の高度生産技術等に関わる人材育成プログラム開発」、
「4. 創薬デザイン技術開発研究」に関する研究課題を募集します。

【公募期間】平成29年12月20日(水) ~ 平成30年1月26日(金) 正午

詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/06/01/0601B_00015.html

応募時点で日本国内機関に所属していなくとも、4月1日までに日本国内機関に所属している予定であれば応募できます。

日本医療研究開発機構 平成30年度 「次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業」に係る公募について

2017/12/18 (キャリア情報)

平成30年度 「次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業」に係る公募を開始しました。
【公募期間】平成29年12月18日(月) ~ 平成30年2月5日(月) 正午

詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/06/01/0601B_00009.html

応募時点で日本国内機関に所属していなくとも、研究開始時点で日本国内機関に所属している予定であれば応募できます。

日本医療研究開発機構(AMED)から公募のお知らせ

2017/12/14 (キャリア情報)

平成30年度 「革新的医療技術創出拠点プロジェクト」関連シーズ【「橋渡し研究戦略的推進プログラム」に係るシーズの公募/「革新的医療シーズ実用化研究事業」の合同公募】を開始しました。

【公募期間】平成29年12月14日(木) ~ 平成30年1月15日(月)
※橋渡し研究支援拠点が提出する書類の提出期限は、平成30年1月11日(木)です。

詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/05/01/0501B_00003.html

「橋渡し研究戦略的推進プログラム」につきましては、応募時点で日本国内機関に所属していなくとも、来年4月1日時点で日本国内機関に所属している予定であれば応募できます。(「革新的医療シーズ実用化研究事業」のほうは日本国内機関に所属していないと応募できません)

日本医療研究開発機構(AMED)から公募のお知らせ

2017/12/13 (キャリア情報)

平成30年度 「臨床研究・治験推進研究事業」に係る公募(1次公募)を開始しました。

【公募期間】平成29年12月12日(火) ~ 平成30年1月12日(金)

詳細は下記リンク先ページをご覧ください。
https://www.amed.go.jp/koubo/05/01/0501B_00009.html

応募時点で日本国内機関に所属していなくとも、2018年4月1日時点で日本国内機関に所属している予定であれば応募できます。