「 イベント情報」のアーカイブを表示中です。

【残席わずか!】あなたの専攻の活かし方がわかる!理系向けグローバル化学メー カー説明&選考会のご案内

2016/11/10 (イベント情報, キャリア情報)

こんにちは!
海外大生への就活サポートを行っている、ライトハウス・グローバルです。

BCFに行く予定がございましたら、ぜひ参加いただきたいイベントがあり連絡致しました!
“席数が限られております!!” 少しでもご興味ございましたらぜひエントリーくださいね。

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
世界100ヶ国以上で使われる、高い製品力を持つ東証一部の化学メーカーが、
BCF前日の11/17の夜に、説明会&ディナー懇談会を行います。

【企業名】日本曹達株式会社(企業HP:http://www.nippon-soda.co.jp/
日本曹達ってどんな会社?
~化学、アグリビジネス、生物、医薬品等、幅広い領域で化学製品を開発しています
~企業・製品・イベントの詳細はこちら→http://lighthouse-gl.com/pdf/nisso2016

<イベント詳細>
【日時】11/17(Thu)6:00pm~9:00pm
【場所】McCormick & Schmick's Boston
ローガン空港/BCF会場のそれぞれから電車+徒歩で約20分のレストランで実施します。

【内容】
・企業の人事担当者より会社説明・質疑応答
・グループに分かれて技術系社員との懇談会
※複数の技術系社員や、アメリカ法人で活躍する社員が参加します
※選考希望の方は履歴書を持参いただき、BCF期間中に選考を行います。

【対象】下記すべてに該当する方
□米国大学に在籍する理系学生(学部学位問わず)※化学、化学工学、生物学、農学系の方歓迎
□2017年4月または2018年4月に入社可能な方
□日本語がビジネスレベル以上の方
※上記に当てはまらない方でも興味関心が高い方はメールにてご相談ください。

【申込方法】
下記のエントリーサイトより必要項目を入力の上、送信ください。
http://lighthouse-gl.com/entryform/nisso2016/

△△△△△△△△△△△△△△△
あなたの専攻が仕事でどう活かせるのか?今後のキャリアについてなど、仕事のことや将来のことをざっくばらんに相談することができる貴重な機会です。
エントリー、お待ちしています!

イベント・企業紹介 PDF

1 st UJA Midwest Conferenceが開催されました

2016/11/10 (UJAからのお知らせ, イベント情報)

アメリカ中西部の研究者コミュニティ交流イベントとしてUJA Midwest Conference2016がCincinnati Children's Hospitalにて行われました。
シンシナティの研究者コミュニティUC-Tomorrowとインディアナ州のコミュニティINDY Tomorrowの企画運営により最新の研究発表、懇親会と盛況のままに終わりました。また6名の若手研究者が表彰されました。

11月5日 UJA Midwest Conference 2016
会場: Cincinnati Children's Hospital T building
懇親会: Kingsgate Marriott Bearcat Lounge

1. 開会の挨拶
2. 日本人研究者コミュニティの活動紹介
3. 研究発表
4. 受賞者への記念品の贈呈
5. 記念写真撮影
6. 懇親会

発表者: 河野 龍義
演題: 小胞体カルシウムチャネルをターゲットとした糖尿病発症メカニズムの研究
Role of Calcium Channels on ER Ca 2+  Homeostasis and Pathogenesis of Type 2 Diabetes

発表者: 小藤 智史
演題: 癌におけるGTPエネルギー代謝スイッチのメカニズムと治療戦略——エネルギー代謝 150年の謎へ挑戦

Presentation Award: Tatsuyoshi Kono, PhD, Satoshi Kofuji, PhD
Abstract Award: Tadahiro Goda, PhD, Yoshinobu Odaka, PhD, Yujiro Umezaki, PhD, Masashi Yukawa, PhD

Chair/Vice Chair: Atsuo Sasaki, Tatsuyoshi Kono
Co-organizers: Akihiro Asai, Takanori Konishi, So Maezawa, Toru Matsu-ura, Tomoya Muto, June G. Nakamura, Yasuhisa Ohata

開催の様子

開催の様子

受賞者

受賞者

2016年11月13日【第2650地区ロータリー財団学友会】帰国報告会のご案内のお知らせ

2016/10/18 (イベント情報)

下記、第2650地区ロータリー財団学友会の松本様よりロータリー財団奨学生帰国報告会のお知らせです。

以下引用 --------------------------------------

留学を終えたばかりのロータリー財団奨学生による帰国報告会が京都で開催されます。
今回はグローバル補助金奨学生3名と国際親善奨学生1名によるスピーチが行われる予定です。詳細はチラシの通りです。
日時:11月13日(日曜)午後3時〜5時(開場2:30)
場所:メルバルク京都 4階 第1研修室
会費:3000円(学生無料)
参加ご希望の方は電子メイルにて10月22日(土)までに添付チラシの連絡先までご返信ください。

帰国報告会チラシ(pdf)

オンライン留学相談会開催のお知らせ【カガクシャ・ネット】

2016/9/24 (イベント情報)

下記、カガクシャ・ネットの武田様よりオンライン留学相談会のご案内です。

(以下引用)==============================

カガクシャ・ネット (http://www.kagakusha.net/) の代表を務めております,武田と申します.
カガクシャ・ネットでは定期的にスカイプを利用したオンライン留学相談会をおこなっております.
前回の相談会の感想・様子はこちらからご覧いただけます。
http://www.kagakusha.net/activities/discussion

以下の日程で次回のオンライン留学相談会を開催しますので,ご興味がありましたらご参加いただけると幸いです.

日付: 10月1日(日本時間)、9月30日(米国時間)
時間:10:00-11:30 (日本時間)、21:00-22:30(米東海岸時間)
開催方法:Skypeを使用

参加方法:下記のGoogle Formより申し込み
https://goo.gl/forms/kwnVrSl9frFEcuBd2

相談に乗ってくださるのは,以下の方々です。

武田 祐史さん:カガクシャ・ネット代表
ブリガム&ウィメンズ病院、ハーバードメディカルスクール リサーチフェロー
https://sites.google.com/site/yujistakeda/

生津 路子さん: カガクシャ・ネット座談会・分科会担当
The University of British Columbia (Resource Management and Environmental Studies) 博士課程在学中
http://www.kagakusha.net/members/Member-List/michikonamazu

津島 夏輝さん: カガクシャ・ネット座談会・分科会担当
The University of Alabama (Aerospace Engineering and Mechanics) 博士課程在学中
http://www.kagakusha.net/members/Member-List/natsukitsushima

張本 哲弘:カガクシャ・ネット座談会・分科会担当
Columbia University (Biomedical Engineering) 博士課程在学中
http://www.kagakusha.net/members/Member-List/tetsuhiroharimoto

留学に対する質問・不安など何でも結構です。ざっくばらんに色々な話をしましょう!

・ 学校選び、留学手続き
・ 留学中の生活、授業・研究の様子
・ 留学後の進路 など

分野にかかわらず,大学・大学院留学に興味のあるみなさまのご参加をお待ちしております!

7/29 (金)BAS主催UCSFセミナー

2016/7/12 (イベント情報)

7月29日開催のUCSFセミナーでは、UCSF, Department of Pharmaceutical Chemistryの神山大地さんに「Deciphering contact-signaling codes of neural morphogenesis in neural circuit assembly」 という演題でお話しいただきます。

神山さんは、(1) 超高解像度蛍光顕微鏡を用いての生きた神経細胞内タンパク質分子の動きの追跡や、(2) CRISPRゲノム編集によって標的タンパク質をより強く正確に蛍光ラベルする技術開発、を進めてこられました。 そして、その素晴らしい成果をDevelopmental Cell、Nature CommunicationsやPNASに最近発表され、いよいよ独立してご自身のラボを立ち上げられます。
セミナーでは、これまでの研究成果や今後の研究の方向に加え、アメリカでのジョブハンティングにおけるご自身の経験についてお話しいただく予定です。是非ご参加下さい。

演題:「Deciphering contact-signaling codes of neural morphogenesis in neural circuit assembly」
講演者:神山大地(Daichi Kamiyama)
所属:Department of Pharmaceutical Chemistry, University of California, San Francisco
場所:UCSF Mission Bay Campus, Genentech Hall, Room N114 (1階)
    600 16thSt, San Francisco, CA 94158
参加費:$5(軽食を用意します)、学生無料

準備の都合上、参加希望の方は7月25日(月)までに城戸達雄までお申し込みください。

会場の案内:建物の入り口(扇形の階段の左下)に警備デスクに繋がるインターフォンがあります。入り口を開けてもらい、建物中央にある警備デスクで入館手続きを済ませて下さい。
建物に入る際にPhoto IDの提示を求められますので、運転免許証などの身分を証明できるIDをご持参下さい。

演題概要:
Our brain consists of billions of neurons assembled into circuits. One of the primary goals of cellular neuroscience is to understand the principles behind assembly of neural circuits. I have been studying the molecular bases underlying neural morphogenesis in establishing the Drosophila central nervous system. Using single-neuron genetics and super-resolution microscopy techniques, I revealed the mechanism by which inter-neural contact of Down syndrome cell adhesion molecules positions a dendrite outgrowth site by guiding the Cdc42GTPase signaling and thus local cytoskeletal rearrangement. To elucidate how signaling molecules work together in a tiny volume of neural morphological features, I’ve also expanded my research direction into the development of super-resolution microscopy techniques as well as fluorescent labeling methods. I have recently developed small epitope tags based on self-complementing split fluorescent proteins (FP11-tags). The small size of the tags enables their cloning-free insertion into endogenous genomic loci by a CRISPR-mediated genetic knockin approach, applicable for a genome-scale library generation. By further developing unique quantitative imaging toolkits, my long-term objective is to decipher a contact-signaling code of neural morphogenesis in neural circuit assembly.

ヨーロッパ研究に関する説明会イベント

2016/6/30 (イベント情報)

下記、ヨーロッパでの研究に関する説明会イベントのご案内です。
詳しくは、添付のURLよりホームページをご覧ください。

(以下引用)==============================

JSPSとEuraxess JapanでMC fellowshipとERCグラントのヨーロッパの研究に興味がある方向け説明会イベントを7/25に東京でやります。現地の情報が得られると思いますので、ぜひお越しください。

https://euraxessjapan-bycgip.splashthat.com/
 

研究留学推進セミナーのご案内

2016/6/20 (UJAからのお知らせ, イベント情報)

下記、JSPS Washington Officeとの共同企画による、研究留学推進セミナーのご案内です。

日時:2016年7月2日 16:00~18:00
場所:東京大学医科学研究所 2号館 小講義室
参加費:無料

詳細につきましては、以下の添付のPDFファイルをご覧ください。
研究留学推進セミナー
 

第4回日米クリ二カルワークショップのご案内

2016/5/20 (イベント情報)

下記、第4回日米クリ二カルワークショップのご案内です。

(以下引用)==============================

日本人研究者の皆様

 大変お世話になっております。

 この度、第4回がんの臨床研究に関するワークショップを以下の通り開催することとなりました。

(日時)2016年6月9日(木)

     ・ワークショップ: 9:30-17:20

     ・レセプション: 17:30-19:00

(場所) JICC(Japan Information and Culture Center, Embassy of
Japan)

     1150 18th St NW Washington DC 20036

http://www.us.emb-japan.go.jp/jicc/about-us.html

※ 詳細につきましては添付ファイルをご覧ください

このワークショップは、主にがん領域における臨床試験及び治験を推進するため、日本大使館が、NCI等の研究者、アカデミアや民間企業で臨床試験を実施している研究者、日本において臨床試験等にかかわる日本人医師や行政関係者等を招き、主に在米日本人研究者に対し、主にがん領域における臨床試験及び治験の仕組みや臨床試験のポイント等について理解を深めていただくとともに、参加者間のネットワークの構築を図ることを目的に開催しております。これまで3回開催しており、今回が第4回目となります。

 今回も、日米両国から、大学、研究機関、民間企業あるいは行政などから講師をお招きし、日米でおこなわれている臨床治験、試験の方法論をわかりやすく御紹介する予定です。将来日本で、あるいは米国内で臨床試験を実施される折に、少しでもお役に立てることを目標にしております。今回は、新たな試みとして、Q&Aセッション等一部については日本語で行う予定としており、ご同僚やご友人などにも、是非このご案内メールを回覧していただき、多くの在米日本人研究者の方等にご参加いただければ幸いです。

参加ご希望の方は、添付資料をご一読の上、氏名・所属・ご連絡先(メールアドレス及び電話連絡先)をメールにて、ワークショップ登録係の
oncologyws2016rsvp@ws.mofa.go.jpまでご連絡頂きますよう、宜しくお願い致します。(締切5月31日(火))。

なお、前回まで、昼食の弁当の手配を大使館にて行っておりましたが、今回は会場の都合により、手配は行いません。昼食は各自でとっていただくことになります。

同日、午後5時30分より立食形式でのレセプションを開催予定です。

その他、ご不明な点等ございましたら、oncologyws2016rsvp@ws.mofa.go.jpまでお問い合わせください。

皆様のご参加をお待ち申し上げております。

在米日本大使館 オンコロジーワークショップ事務局

(以上引用)==============================

詳細につきましては、下記の添付のPDFファイルをご覧ください。
DC_workshop_draft June_9_2016 Agenda DRAFT9

ボストン開催キャリアイベントのご案内

2016/5/10 (イベント情報, キャリア情報)

*医師の方、製薬・医療・サイエンスの分野で学ばれている方へ**

国際経験を民間企業で生かすには?
「海外経験をどのように生かそうか?」、「卒業後・ポスドク後、どうしようかな?」と考えていませんか? 
医療、研究機関、民間企業、ベンチャー、国際機関、アカデミアなど、色々な選択肢がある中で、同じ経験をした先輩方と情報交換をしてみませんか?
アメリカ、マサチューセッツ州にて、30分のプレゼンテーション後、お気軽にお話をしていただければと思います。

【Website】http://www.business-paradigm.com/bpc/doctors_takeda.html

【開催場所】Cambridge Massachusetts

【開催日】 2016年6月17日(金)

【当日のスケジュール】
2016年6月17日
18:30-21:00 Registration
18:30-18:55 A tour of the Takeda’s Research Center
19:00-19:55 Presentations followed by Q&A
20:00- Reception
(途中参加や早退も大丈夫です)

【参加費】
無料(事前予約が必要)

【開催場所】
40 Landsdowne Street, Cambridge, MA, USA, 02139
(http://www.millennium.com/Default.aspx)

【Dress Code】
スマートカジュアル

【Speakers】
Doctor(s) from Takeda Pharmaceutical (Japan/ US)

【対象者】
Area: Medical, Pharmaceutical
Degree: Masters, PhDs, Postdocs
卒業時期: 2017卒予定又は卒後5年以内
Language: Japanese (Business) & English (Business)

【応募方法】
ご参加は無料ですが、事前予約が必要となるため、お早目にお申し込みください。
またご応募の際は下記についてお知らせください。
1) Full name
2) School/Company name, Department, and area of study
3) Telephone number
応募・連絡先:廣綱 宮川(career@business-paradigm.com)までお気軽にご連絡ください。

JMSA New York Life Science Forum 2016開催のお知らせ(2016年4月9日土曜日)

2016/2/20 (イベント情報)

下記、JMSA New York Life Science Forum 2016開催のお知らせです。

(以下引用)==============================

今春もニューヨーク近郊の日本人を主な対象とした生命科学シンポジウム(JMSA New York Life Science Forum 2016)を 4月9日(土)に開催する運びとなりましたのでお知らせいたします。今回より、米国日本人医師会(JMSA)と独立行政法人日本学術振興会の共催となります。

このフォーラムは、医師や研究者、そして医学や生物学に関心があるニューヨーク近郊の日本人が交流する場を提供することを目的としています。第1回目となった前回は、医療従事者や研究者だけでなく、企業や政府 、メディアの関係者から学生まで、分野の垣根を超えて、150名以上の方々にご参加いただきました。好評だった前回の内容をさらに充実させたプログラムをご用意しています。また今回はお子様連れの方にもご参加いただけるよう、Star Childにご協力いただき、託児所を特別価格でご利用いただけます。さらに、会場近くにキッズルームをご用意し、様々なキッズイベントも企画しています。

様々な業界の皆様にご参加いただければ幸いです。このお知らせは拡散希望です。

* シンポジウムの運営は、非営利団体である米国日本人医師会(JMSA)と日本学術振興会の共催のもと、Columbia University、New York University、Icahn School of Medicine at Mount Sinai、Albert Einstein College of Medicine、The Rockefeller University、Weill Cornell Medical College、Memorial Sloan-Kettering Cancer Center、Mount Sinai Beth Israelの日本人有志により行われています。様々な機関や日本人会、有志の皆様の運営参加をお待ちしております。

[名称] JMSA New York Life Science Forum 2016

[日時] 4月9日(土)(9時から19時半まで)

[場所] ニューヨーク大学 Langone Medical Center(550 1st Ave, New York, NY 10016)

[ウェブサイト] http://jmsa-nyc-forum.org/ (ご参加ご希望の方はこのサイトより参加登録をお願いいたします。)

[プログラムの概要]
・講演:最新の医療・基礎医学研究の知見について、また産学官連携についての情報を、ニューヨーク近郊の医療・研究機関で働く方々に 分かりやすく解説していただきます。

・ポスター発表:事前に上記ウェブサイトより演題登録していただく必要があります。優れた演題には米国日本人医師会からポスター賞(JMSA New York Life Science Forum 2016 Best Presentation Award)が贈られます。なお、スペースに限りがありますので、演題登録は目標件数に達し次第締め切らせていただきます。

・ポスター会場にて軽食と飲み物をご用意します(参加費は会費に含まれます)。

[会費] $20

[主催] 米国日本人医師会(Japanese Medical Society of America、JMSA)http://www.jmsa.org

・米国日本人医師会は日本人の医師、歯科医、看護師、研修医などの医療従事者、学生を中心に会員相互の交流・協力促進することを目的に1973年に設立されたニューヨークの非営利団体(Nonprofit Organization)です。

JMSA New York Life Science Forum 2016 運営委員会
運営委員長 佐野 晃之
jmsa.forum@gmail.com

(以上引用)==============================

詳細につきましては、下記の添付のPDFファイルをご覧ください。
JMSAforum2016