「 UJAからのお知らせ」のアーカイブを表示中です。

留学のすゝめ2018 シンポジウム & UJA懇親会 開催告知

2018/7/30 (UJAからのお知らせ)

9月24日(月・祝) 14:50 より、第91回日本生化学会にて、UJAのシンポジウム「留学のすゝめ2018 日本人研究者が世界で活躍するためのプラットフォーム構築に向けて」が開催されます。

これに併せて、同日夜よりUJA懇親会を開催致します。シンポジウムの詳細や懇親会への参加登録は、下記よりお願い致します。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

<http://uja-info.org/2018susume/>

 

 

新規参加コミュニティのお知らせ

2018/6/27 (UJAからのお知らせ)

UJAのコミュニティに、新しく「ノースウェスタン大学日本人研究者の会」と「ドイツ物理学・応用物理学セミナー実行委員会」にご参加いただきました。 みなさま、よろしくお願いいたします。

ノースウェスタン大学日本人研究者の会

ドイツ物理学・応用物理学セミナー実行委員会

 

 

第3回野口英世アフリカ賞

2018/6/4 (UJAからのお知らせ)

第3回野口英世アフリカ賞医学研究分野受賞候補者の推薦を受け付けています。

本賞は、野口英世博士の志を踏まえ、アフリカにおける感染症等の疾病や公衆衛生への取組において顕著な功績を挙げた方を顕彰し、もってアフリカに住む人々、ひいては人類全体の保健と福祉の向上を図ることを目的とします。

https://www.jsps.go.jp/j-noguchiafrica/index.html

受付締切:平成30年7月31日(火)

*******************************************
第3回野口英世アフリカ賞
医学研究分野推薦委員会 事務局
独立行政法人日本学術振興会国際企画課
〒102-0083 東京都千代田区麹町5ー3ー1
(ビル名:麹町ビジネスセンター)
電話:03-3263-1810/1938
FAX:03-3234-3700
Email: nh-africa@jsps.go.jp
*******************************************

留学のすゝめ2018

2018/4/16 (UJAからのお知らせ)

第91回日本生化学会にて、UJAのシンポジウムが開催されます。
詳細は https://www.aeplan.co.jp/jbs2018/program.html をご覧ください。

留学のすゝめ2018 日本人研究者が世界で活躍するためのプラットフォーム構築に向けて

日 時:9月24日(月) 14:50-16:50
会 場:第7会場(C-2)
オーガナイザー:赤木 紀之 (金沢大学)、本間 耕平 (慶応義塾大学)
講演者
三嶋 雄太 (京都大学iPS細胞研究所)、坂本 直也 (広島大学)、黒田 垂歩 (バイエル薬品株式会社)、清水 佐紀 (Maverick Therapeutics)、北郷 明成 (Department of Surgery, USA)、演者未定 (日本医療研究開発機構)、樋口 和憲 (日本学術振興会研究者国際交流センター)、川口 哲 (科学技術振興機構)、北原 秀治 (東京女子医科大学)
概 要
海外日本人研究者ネットワーク(United Japanese researchers Around the world, UJA)が2013年に行ったアンケートでは、多くの研究者は海外留学への興味を持っているものの、留学への不安とリスクを感じていることが明らかとなっている。この不安とリスクの正体は、留学への情報不足であると我々は考えている。本シンポジウムでは、海外留学後に研究員、大学教員、民間企業、米国ベンチャー企業に着任された方々、あるいは米国でラボを主宰するに至った方にご講演頂き、研究者の様々なキャリアパスを紹介する。また、研究留学を支援する法人担当者の方々や、大学での学生指導の立場から、留学に対するサポート体制を紹介する。その後、会場全体でのパネルディスカッションを通して、日本人研究者が世界で活躍するための高機能なネットワーク構築について議論する。

 

【JSPS】第34回国際生物学賞受賞候補者の推薦について

2018/3/21 (UJAからのお知らせ)

このたび、第34回国際生物学賞受賞候補者の推薦受付を開始しましたので、ご案内いたします。

国際生物学賞は、昭和天皇のご在位60年と長年にわたる生物学のご研究を記念するとともに、本賞の発展に寄与されている今上天皇の長年にわたる魚類分類学(ハゼ類)の御研究を併せて記念し、生物学の奨励を目的とした賞です。日本学術振興会は本賞の事務局を努めております。

本賞は、毎年生物学の授賞分野を選定の上、世界各国から寄せられた推薦の中から、当該分野の研究において優れた業績を挙げ、世界の学術の進歩に大きな貢献をした研究者を選考して、授賞しています。

つきましては、現在、推薦受付を開始いたしましたので、受賞候補者をご推薦いただきたく、よろしくお願いいたします。推薦方法の詳細は以下の通りです。

<第34回国際生物学賞>

授賞対象分野:古生物学
推薦方法:日本学術振興会のウェブサイト(http://www.jsps.go.jp/j-biol/index.html)にアクセスし、国際生物学賞電子推薦受付フォーム(“NOMINATION FORM”)に必要事項を英文でご記入の上、あらかじめ作成した“Nominee Achievement Form”と共にご提出ください。

送付先:
メール;ip-biology@jsps.go.jp
郵 送;〒102-0083 東京都千代田区麹町5-3-1
独立行政法人日本学術振興会 国際生物学賞事務局
締 切:平成30年4月20日(金)

詳細は、国際生物学賞の事務局である日本学術振興会のホームページをご覧ください。
http://www.jsps.go.jp/j-biol/index.html

担当:
独立行政法人日本学術振興会 国際生物学賞事務局
メールアドレス:ip-biology@jsps.go.jp

実験医学3月号(羊土社)「留学のすゝめ2017」開催報告 

2018/2/22 (UJAからのお知らせ)

ConBio2017で開催した「留学のすゝめ2017」の様子が、実験医学3月号(羊土社)「News and Hot Paper Digest」のコーナーに掲載されました。参加された方も、されなかった方も、是非ご一読ください。

海外留学への最初の一歩を踏み出そうー「留学のすゝめ2017」開催報告【赤木紀之,本間耕平,黒田垂歩,佐々木敦朗】


実験医学3月号(羊土社)

 

 

UJA Midwest Conference 2017

2017/10/31 (UJAからのお知らせ)

 

UJA Midwest Conferenceはアメリカ中西部のコミュニティを繋ぐイベントとして2016年にシンシナティで始まりました。州の垣根を取り払い、若手研究者の最新成果を発表し、お互いに研鑽するというコンセプトで行っています。

大盛況の前回に続き、今回はインディアナ州での開催になり、シンシナティ大学に加えてシカゴ、ミシガンからも集まり、4州が参加した大きなイベントになりました。

どの研究も内容が非常に充実しており、業績面でもトップジャーナルに掲載されるなど高い評価を受けていました。また専門分野を問わず研究者が集るため、他分野への応用性の高い技術を提案したり、新たなコラボレーションがこの会を通じて生まれたりするなど、参加者にとって刺激になる場となりました。

素晴らしい発表をされた7名の若手研究者が表彰されました(協賛 インディアナ日本人会)
最も高い評価を受けた細野祥之博士にはUnited Airlineよりトラベルアワードとして米国内、カナダ、メキシコ、カリブ海方面へのエコノミークラス無料往復航空券1枚とユナイテッド航空マイレージプラスゴールドプレミアカード(スターアライアンスゴールド付帯)が贈られました。

今後とも若手研究者の研究交流と情報発信、また表彰の場としてUJAはこのイベントを継続していきます。

日時:10月21日  PM 3:30 - 6:30

会場:インディアナ大学
Indiana University, R3 Walther Hall Auditorium
Address: 980 W. Walnut Street, Indianapolis, Indiana

プログラム:
1.ポスターセッション
2 開会の挨拶および日本人研究者コミュニティの活動紹介
3.研究発表 4名
4.受賞者への記念品の贈呈、スポンサー紹介
5.記念写真撮影
6.懇親会: 大学付近のレストランバー(会場より徒歩5分)

演題:
4:15-4:40 内田昌樹 先生 Indiana University
[Viruses inspire materials chemists to develop new biomaterials]

ウイルスがかご型タンパクを作り、細胞に感染しDNAやRNAを運ぶということからヒントを得て、生体内で任意の場所に特定の物質を運ぶという研究コンセプトをわかりやすく説明してくださいました。臓器や病変特異的に集積するかご型タンパクを数種類用意し、狙った場所で内包物が効果を発揮するモデルを発表してくださいました。この研究は医療応用としての範囲が広く、検査精度の上昇や、臓器特異的な酵素補充療法などの期待が寄せられました。

4:45-5:10 松浦 薫 先生 University of Cincinnati
[ポジティブフィードバックループを内包した合成遺伝子回路を用いた機能性物質の増産]
[Amplified production of biomaterials using synthetic positive feedback loop]

遺伝子改変技術を用いて生体内におけるポジティブフィードバック機構を応用し、希少性の高い酵素を効率よく発現させるモデルを発表してくださいました。これにより従来の方法と比較して多くの酵素を生産し、生産コストを下げる可能性を示唆しただけでなく、ビジネス面で今後企業がどのような点に興味を持ち応用していくかという点も発表してくださいました。本発表はバイオ燃料を例に用いていましたが、様々な会社が本技術の応用性の高さに興味を示していました。

5:15-5:40 今村輝彦 先生 University of Chicago Medicine
[補助人工心臓治療患者における潜在的肺高血圧症とは?]
[What is pulmonary hypertension during left ventricular assist device support?]

重症心不全の患者さんに使用する左室補助人工心臓(LVAD)について、保険収載された同治療による恩恵とともに、心臓移植後も生じうる「二次性肺高血圧」という重大な合併症について明瞭に説明してくださいました。その発症には、LVAD装着時におけるDecoupling(肺動脈拡張圧と肺動脈楔入圧との圧較差の増大)が関連していることを、シカゴ大学における多数のLVAD装着患者さんからのデータを用いて示されました。この合併症を減らすことに繋がる、有用かつ貴重な臨床研究にひときわ大きな拍手が湧きました。

5:45-6:10 細野祥之 先生 University of Michigan, Pathology
[Oncogenic Role of THOR, a Conserved Cancer/Testis Long Noncoding RNA]

網羅的な遺伝子発現解析のデータをもとに、様々な癌種と精巣に特異的な発現を示すTHORという長鎖の非翻訳RNA (lncRNA)を同定されました。THORは進化的にも配列が保存されており、癌関連遺伝子であることを突き止め、さらに特異的な結合タンパク質も同定されました。遺伝子改変ゼブラフィッシュモデルにおいてTHORの発現変化は癌の発生に影響を与えていました。この遺伝子の調節機構が将来的に多くの癌種の治療ターゲットとなりうる可能性を示す、素晴らしい研究だと考えられました。

Poster演題:
いずれのポスターも詳細かつ興味深い内容が示されており、多くの質疑応答が行われました。
大見真衣子 先生 [破骨細胞による新たな増骨活性制御機構の解明]
松浦 徹  先生 [Bidirectional coupling of clock and cell cycle in adult stem cells]
湯川 将之 先生 [ヒトヘルパーT細胞活性化におけるエピジェネティクス制御]

Presentation Award:  Masaki Uchida, Kaoru Matsuura, Teruhiko Imamura, Yasuyuki Hosono, Maiko Omi, Toru Matsu-ura, Masashi Yukawa.

Travel Award: Yasuyuki Hosono

Chair/Vice Chair: Tatsuyoshi Kono, Atsuo Sasaki

Co-organizers: Takashi Hato, Kimihiko Banno, Tomoko Mizota, Hitoshi Iida, Toru Matsu-ura, Yujiro Umezaki, Yusuke Hamada

主催団体:UJA, INDY Tomorrow, UC Tomorrow, ミシガン金曜会

協賛
インディアナ州日本人会(IJC)
United Airline

リンク:UJA  http://uja-info.org
Indy Tomorrow  http://indytomorrow2014.org
JRCC http://jrc-c.blogspot.com
United Airline https://www.united.com/
IJC http://www.indiananihonjinkai.org/ 

「2018 TOMODACHI STEM Program @ Rice University」のお知らせ

2017/10/12 (UJAからのお知らせ)

2018 TOMODACHI-STEM @ Rice University Program for Female Students
Website: http://tomodachistem.rice.edu/
Apply by: November 2, 2017 (11:59 PM, Japan time)
Program Dates: February 24 - April 1, 2018
Download Program Flyer (PDF)

2018 TOMODACHI STEM Program @ Rice University は、日本の大学で理系学部を専攻する女性の大学生10名を対象とした5週間の研究インターンシッププログラムです。同プログラムは、テキサス州ヒューストンにあるライス大学にて行われ、大学の研究室に属して最先端の研究活動に触れると同時に、アメリカの高等教育システムを体験し、米国人学生との交流活動を通して言語や文化を学ぶ機会を提供します。このプログラムは、国際共同研究を通じて、理工学研究に興味を持つ日本人女子学生に、アメリカとの連携のきっかけを提供することを目的としています。

The 2018 TOMODACHI-STEM @ Rice University for Female Students is a five-week research internship program for up to 10 female undergraduates from Japan who are majoring in science & engineering (S&E). Held at Rice University in Houston, TX, the program will enable students to gain real world experience with S&E research, provide an introduction to U.S. higher education and provide opportunities for cultural engagement and collaboration with U.S. students. The program will serve as a catalyst for female Japanese students interested in S&E study and research and engagement with the U.S. through international research collaborations.

To be eligible to apply students must:

  • Be at least 18 years old at the time of application;
  • Be a citizen or permanent resident of Japan;
  • Be a female, degree seeking undergraduate student enrolled at a Japanese university (B1, B2, B3, or B4);
  • Be majoring in a science or engineering field;
  • English Language Ability: The language of research host labs at Rice University is English and all selected participants must have the English-language ability necessary to successfully complete a research experience in the U.S.
  • Preference will be given to students who express a demonstrated interest in graduate study in a S&E field, either in Japan or the U.S.

The program provides funding for international airfare, lodging in the Houston (double-occupancy), all seminar and internship related costs, some cultural outings, travel/lodging for final week study tour in Washington, DC, and international health insurance. Students must pay individually for all passport and visa application fees, SEVIS fees, required immunizations, meals in the U.S., and personal spending.

The application deadline will be November 2, at 11:59 PM Japan time, and the program dates will be February 24 - April 1, 2018. In addition to the online application form, students will be required to submit:

For more information see the Application Overview page on our program website or email tomodachistem@rice.edu. We look forward to receiving your application!

This program is sponsored by a grant from the TOMODACHI Initiative, a public-private partnership that invests in the next generation of Japanese and American leaders through educational and cultural exchanges as well as leadership programs.

UJA交流会@ConBio2017のお知らせ

2017/10/11 (UJAからのお知らせ)

世界で活躍していく研究者のためのネットワーキング毎年恒例になりつつあります「UJA交流会@ConBio2017」を今年度も開催いたします。海外で現在活躍している日本人研究者はもちろん、今後海外での活躍を視野に入れている人を集めて、世界の「今」を共有し、今後の研究協力体制のためのネットワークを強化しようという企画です(要は"飲み会"です)。

参加できる方は、コチラ<http://uja-info.org/2017conbio/>にアクセスし、参加登録をお願いします。準備の関係で11月30日(木)までにご登録いただけますと助かります。もちろん、当日の参加/不参加にも対応いたします。

海外に行きたい人、活きの良いポスドクが欲しいPIなど、興味のある人はどなたでも歓迎いたします。

UJA交流会

【日時】
12月7日 20:30~

【会場】
アリストンホテル神戸 (http://www.ariston.jp/kobe/
15階「アンダルシア」
*学会会場から徒歩5分

【会費】
¥4000円(一般)/¥3000円(学生)
*ビュッフェスタイル、飲み放題付

【参加登録】
<http://uja-info.org/2017conbio/>

 

 

「日本国外アカデミアで注目される研究テーマに関する情報収集」ご協力のお願い

2017/9/14 (UJAからのお知らせ)

文部科学省は、海外のアカデミアの現場で注目されている研究テーマを、在外日本人研究者から提供していただく活動を始めました。実施機関(委託事業者)としては、三菱総合研究所が窓口になっています。

具体的には、在外日本人研究者の方で、以下のような内容に協力いただける方の募集を開始しています。
-------------------------------------------------------

1.注目される学会等に参加いただき、レポートを提出いただく
(謝金3万円+必要経費)
2.注目すべきテーマについて、ワークショップを企画・開催いただく
(謝金10万円+必要経費)

詳しい募集要項や様式は、下記のリンクよりご確認ください。
http://www.mri.co.jp/news/information/post_16.html

【応募締切】2017年9月29日(金)
【問い合わせ先】三菱総合研究所担当(research-topic-ml@ml.mri.co.jp