第14回BAS年次合同セミナー 10/10(土曜日)

2015/10/5 (イベント情報) タグ:

***************************
第14回BAS年次合同セミナー
***************************

BAS会員のみなさま、

いよいよ今週末に迫った合同セミナーの詳細についてご案内させていただきます。

今年は特別講演としてUCSF Brain Tumor Immunotherapy Center Directorの岡田秀穂 教授にお話しいただく他、ベイエリアで研究・仕事を進められている9名の方達に口頭発表いただきます(発表の申し込みは締め切りました)。

日時:
10月10日(土)13:00〜(12:30開場)

場所:
UCSF Mission Bay Campus, Rock Hall 1st floor, Auditorium
1550 4th St, San Francisco, CA 94158
Google Map (https://goo.gl/maps/Csf84EdQfxq)

建物へのアクセスや駐車場情報については、こちらをご参照下さい。

特別講演:
岡田 秀穂 (Hideho Okada, Professor of Neurological Surgery)
「Brain Tumor Immunotherapy(脳腫瘍の免疫治療)- Do not get "lost in translation"-」

経歴:
http://neurosurgery.ucsf.edu/index.php/about_us_faculty_okada.html

口頭発表(発表の順番は後日改めてご案内いたします):
・ 太田 裕貴(UC Berkeley, Electrical Engineering)
「三次元プリンタ―を用いたスマートデバイスの開発」

・ 大野 賢一(UC Santa Barbara, Materials Department)
「固体中の電子スピンを用いたナノメータースケール核磁気共鳴画像(MRI)」

・ 鹿島 理沙(UCSF, Cardiovascular Research Institute)
「脆弱X症候群のシナプス異常に非古典的BMPタイプII受容体シグナリングが介在する」

・ 加藤 英明(Stanford University)
「光駆動性ナトリウムポンプKR2によるナトリウムイオン輸送の構造機能解析」

・ 鳥口 寛(UCSF, Division of Surgical Oncology)
「ヒト由来三次元癌細胞培養と個別化医療への応用―シャーレからベッドサイドへ」

・ 中尾 亜貴(Quantum Biosystems)
「第4世代シーケンサーで日本が逆転を狙う 〜シーケンサーの歴史と10年後の展望 〜」

・ 長谷川 優(UC Davis)
「細胞間における遺伝子発現の不均一性がもたらす初期ヒト胚への影響」

・ 宮岡 佑一郎(UCSF, Gladstone Institute of Cardiovascular Disease)
「HDRとNHEJの同時定量による正確なゲノム編集条件の探索」

・ 三井 要造(UCSF, VA Medical Center, Department of Urology)
「前立腺癌におけるCYP1A1遺伝子のメチル化と喫煙との関連」

当日のスケジュール(多少前後する可能性があります):
12:30~ 開場
13:00~13:10 開会の挨拶
13:10~14:10 招待講演
14:10~14:20 休憩
14:20~14:30 BAS総会
14:30~15:30 口頭発表 session-1
15:30~15:45 休憩
15:45~16:45 口頭発表 session-2
16:45~16:55 休憩
16:55~18:10 口頭発表 session-3
18:10~ 懇親会

参加費:
参加者(発表者以外):$10
発表者       : $5
学生        : $5

参加応募先:
小川(nobogw@gmail.com

更に詳しい情報についてはセミナーWEBサイトをご参照下さい
http://bayareaseminar.blog42.fc2.com/blog-entry-226.html

まだまだ席に余裕がございます。
ベイエリアで研究・仕事をされる方達が一同に会する年に一度のイベントに奮ってご参加下さい!!

コメントは停止中です。