【日本学術振興会】リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業のお知らせ

2017/6/9 (イベント情報)

国際会議の参加者募集について
この度、第10回HOPEミーティングおよび第68回リンダウ・ノーベル賞受賞者会議の
参加者募集を行うこととなりましたので、お知らせいたします。
○第10回HOPEミーティング
アジア・太平洋・アフリカ地域から選抜された優秀な博士課程(後期)学生と若手
研究者が、
ノーベル賞受賞者等の著名研究者や同世代の参加者と交流を深める合宿形式の会議
(JSPS主催)
【対象となる若手研究者】
(A)我が国の大学等学術研究機関に所属する博士課程(後期)学生又は若手研究者
(学位取得後5年未満)。国籍は問わない。
(B)日本国籍を持つ者又は我が国に永住を許可されている外国人で、海外において
大学等の学術研究機関等に所属する博士課程(後期)学生又は若手研究者(学位取得
後5年未満)
【本会が負担する経費】
本会規程に基づき、次の経費を負担します。
(1)国内所属機関から会場への往復交通費
※海外機関に所属する方の会場までの旅費(往復航空券及び国内旅費等)は本会では
負担しません。
(2)会議期間中の宿泊費、食費、文化プログラム及び研究所見学等に係る費用

【募集要項・申請様式】
http://www.jsps.go.jp/hope/boshu.html
○第68回リンダウ・ノーベル賞受賞者会議
ドイツ南部のリンダウ市で開催されるノーベル賞受賞者と世界中から集まった若手
研究者が交流する国際会議(リンダウ会議評議会が主催)
【対象となる若手研究者】
日本国籍を持つ者又は我が国に永住を許可されている外国人で、我が国の大学等学
術研究機関又は海外の大学等学術研究機関に所属する35歳以下の博士課程(後期)学
生又はポスドク研究者(学位取得後5年以内)
【本会が負担する経費】
本会規程に基づき、次の経費を負担します。
(1)所属機関から会場への往復交通費 外国旅費・内国旅費
(2)会議参加費 主催者が定める会議参加費(主催者が提供する宿泊施設の使用に
要する経費・食事代が含まれる)
【募集要項・申請様式】
https://www.jsps.go.jp/j-lindau/shinsei_boshu.html

コメントは停止中です。