第68回金曜会(2月14日)のお知らせ

2014/2/7 (イベント情報) タグ:

DC近辺を訪問される予定の方の、飛び入り参加も大歓迎です!
フライヤー及び参加方法の詳細等は、コチラのページをご覧ください。

2月14日(金)バレンタインデーの第68回NIH金曜会セミナーのご案内です。今回は、3月に帰国される予定の馬場理也先生のご講演です。

馬場先生については金曜会幹事としてご存じの方も多いかと存じますが、先生は、Urologic Oncology BranchのStaff Scientistとして昼夜を問わず精力的にご研究されており、Birt-Hogg-Dubé syndrome (BHD症候群)という遺伝性腎臓癌症候群、及びその責任遺伝子である癌抑制遺伝子FLCN研究の第一人者としても知られています。

当日は、ご演題の「新規癌抑制遺伝子FLCNの機能解析で分かってきたこと」とともに、約10年間に渡るアメリカでの研究生活を通じた貴重なご経験についてもお話頂けることと思います。

皆様のご参加を幹事一同、心よりお待ち申し上げております。

*************************************************************************
第68回NIH金曜会(2月14日、金)

セミナー
時間:午後6時より
会場:ビル37、4階セミナー室(4042 / 4107)
演者:馬場理也 先生
   Staff Scientist of Urologic Oncology Branch,
   Center for Cancer Research, National Cancer Institute,
   National Institutes of Health
演題:新規癌抑制遺伝子FLCNの機能解析で分かってきたこと

懇親会
時間:午後8時30分より
会場:Bangkok Garden(4906 St. Elmo Ave., Bethesda)
*************************************************************************

コメントは停止中です。