Finding our way -留学体験記-

人と人との絆 >「地域の仲間」新着一覧

  • 2015/11/19
    夫婦二人三脚のボストン留学
    執筆者:中川 草(東海大学医学部)&中川 春菜  留学先:Department of Organismic and Evolutionary Biology, Harvard University(米国マサチューセッツ州)
    はじめに 私(中川草、以下「草」)が留学先(研究室)を探す上でまず一番に考えたことは“自分のこれまでの経験を踏まえた上で、今後身につけたい知識・技術を習得できる環境であること”でした。留学を検討していた当初は、土地柄や日 ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    環境、興味、たまに空転、研鑚、そして今後。
    執筆者:藍原 祥子  留学先:ネスレ研究所(Nestlé Research Center)スイス、ローザンヌ市
    ずっと東京に居て私は少し飽きていたのか、博士号取得後は世界最大の食品企業、ネスレの研究所に行くことにした。海外の長期滞在は初めて。第二外国語のフランス語も初めて活躍する機会となったが残念なことに「Je suis étud ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    留学によって得る“仲間”という宝物
    執筆者:檜井 孝夫(広島大学病院 消化器外科・移植外科 臨床准教授)  留学先:Division of Molecular Medicine and Genetics, Department of Internal Medicine, University of Michigan Medical School
    私は、1998年から2006年までの8年間、米国ミシガン州アナーバーにあるミシガン大学(University of Michigan)に研究留学しました。もともと消化器外科医ですが1994年から大学院生として、広島大学生 ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    西海岸で紡いだ“人と人”の繋がり
    執筆者:西野精治(スタンフォード大学医学部精神科教授、SCNLab所長)  留学先:スタンフォード大学
    私は1982年大阪医科大学を卒業後、2年の研修医を経て1984年4月より母校の大学院へ進学しました。ちょうど同じ時期に京都大学生理学教室教授を定年退官された非常に著名であられる早石修先生が母校の学長に来てくださる事となり ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    シドニーで得たかけがえのない仲間と“!”な失敗談
    執筆者:中山 義敬  留学先:Victor Chang Cardiac Research Institute, Sydney, Australia
    私は現在、オーストラリアのシドニーにあるビクター・チャン心臓病研究所にイオンチャネルの研究のためポスドク研究員として留学しています。多国籍で多様な価値観が入り交じるオーストラリアでの留学生活の中では新しい出会いが数多くあ ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    人と人との絆
    執筆者:篠原 眞理  留学先:Duke University School of Medicine, Department of Immunology(アメリカ)
    この度、UJAの「留学体験記」に寄稿させていただくことになりました篠原と申します。大学院からアメリカに来ました。最初はそれこそPhDなんてとんでもない、と思っていてマスターのコースに行こうと思っていました。しかし、大学時 ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    留学によって得られる“友”という宝物
    執筆者:大須賀 覚  留学先:エモリー大学ウィンシップ癌研究所(アメリカ)
    「留学で一番大事なことは何ですか?」。留学に行く直前に私はこの問いを、長年お世話になった恩師である佐谷秀行教授(慶應義塾大学遺伝子制御研究部門)に伺ってみました。佐谷先生はかつてアメリカでも大活躍されておられたので、その ... 続きを読む
  • 2015/10/19
    ドイツ留学でするべきこと、やっちゃったことベスト3
    執筆者:井福 正隆  留学先:Max Delbrück Center for Molecular Medicine (ドイツ)
    日本学術振興会の海外特別研究員に採用していただき、2014年2月からベルリンにあるマックス・デルブリュック分子医学センター(Max Delbrück Center for Molecular Medicine:MDC)に ... 続きを読む