Finding our way -留学体験記-

帰国編 >「留学がどう活きるか」新着一覧

  • 2015/11/19
    「留学は人生への投資? 〜シカゴで見つけた6つの適応力〜」
    執筆者:久保田 智哉(シカゴ大学 生化学・分子生物学) 
    シカゴ大学 生化学・分子生物学でポスドクをしております久保田智哉と申します。この度、知人にご紹介いただいたご縁で、全世界日本人研究者ネットワークと実験医学(羊土社)との共同企画『留学のすゝめ!』の留学体験記コンテンツへ寄 ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    「先生、ただ今戻りました」
    執筆者:松井 稔幸  留学先:Broad Institute of MIT and Harvard(アメリカ)
    T君:「MITって大学がすごいらしいで」 K君:「へ~~、俺はマサチューセッツ工科大学ってのが凄いって聞いた」 T君:「え、だからMITやろ?」 今でもはっきりと覚えている、高校時代の休み時間の会話である。ご存知の通り、 ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    環境、興味、たまに空転、研鑚、そして今後。
    執筆者:藍原 祥子  留学先:ネスレ研究所(Nestlé Research Center)スイス、ローザンヌ市
    ずっと東京に居て私は少し飽きていたのか、博士号取得後は世界最大の食品企業、ネスレの研究所に行くことにした。海外の長期滞在は初めて。第二外国語のフランス語も初めて活躍する機会となったが残念なことに「Je suis étud ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    君の頑張りは僕らの励み
    執筆者:五十嵐 和彦(東北大学大学院医学系研究科生物化学分野)  留学先:米国シカゴ大学
    学者を目指す若者が留学後のキャリアを築いていく上でのアドバイスは何か? 私の留学(1991〜1993、米国シカゴ大学博士研究員)は20年以上前のことなので、帰国後の大学事情も現在とはだいぶ違っています。簡単に答えることは ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    ある外科医の留学回想録
    執筆者:森 正樹(大阪大学大学院消化器外科)  留学先:New England Deaconess Hospital(NEDH) (アメリカ)
    Dana-Farber Cancer Institute(DFCI) (アメリカ)
    私は1990年12月から1992年3月にかけての1年4カ月という短い期間、米国マサチューセッツ州ボストンにあるNew England Deaconess Hospital(NEDH)に留学した。実際の研究は隣接するDan ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    留学を決める時、帰国を決める時、その後のキャリアを決める時
    執筆者:塗谷 睦生(慶應義塾大学医学部)  留学先:Johns Hopkins University(アメリカ)
    Columbia University(アメリカ)
    私は、「脳科学の教育をしっかりと受けたい」という考えから、大学院からアメリカに留学しました。留学に関する情報が乏しい中、周りにいらした先生方にご意見を伺ったところ、ほとんどの先生が大学院留学に否定的でした。そのような中、 ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    10年後を見据えて
    執筆者:赤木 紀之(金沢大学 医薬保健研究域医学系 再生分子医学)  留学先:シーダスサイナイ医療センター、UCLA医学部(アメリカ)
    目指すものを明確にする 10年先の自分をイメージして下さい。具体的には、自分が尊敬できる10歳ほど年上の先輩研究者が、今何をしているか注視して下さい。10年後、自分が似たようなポジションに立ち、その仕事を遂行できるか、そ ... 続きを読む
  • 2015/09/17
    Two body problem (2BP) –同行する側の体験記 (医師から専業主婦、そして研究者へ)
    執筆者:原田成美(東北大学病院 乳腺内分泌外科)  留学先:Department of Surgery and Cancer, Imperial College London (London, UK)
    私は、現在大学病院に勤務する乳腺外科医です。2009年の9月から循環器内科医の夫の留学に伴い、英国に5年ほど滞在いたしました。帯同する側の留学記は多くありますが、同行する側の留学経験を記したものは少なく、少しでも皆様のお ... 続きを読む
  • 2015/05/19
    留学の長所と短所
    執筆者:池上 浩太(プリンストン大学ゲノム研究所)  留学先:アルバートアインシュタイン医科大学
    ノースカロライナ大学チャペルヒル校生物学部
    読者の皆様、こんにちは。米国プリンストン大学のゲノム研究所で働いている池上浩太です。ポスドクとして渡米し、Principal Investigatorのポジションを得るべく悪戦苦闘している内に(まだ苦闘中ですが)、今年が ... 続きを読む
  • 2015/05/19
    「留学する?しない?」→ 留学の実態者
    執筆者:制野 かおり (Kaori Seino, Dr.)  留学先:イエナ大学(ドイツ)
    留学ってすごい! 高校くらいから「留学」という言葉を聞き始めたと思います。最初は、英語の語学留学としての留学。高校や大学時代の語学学習で買ったテキストなどの広告でも「語学留学」の文字を目にしたと思います。自分で語学留学を ... 続きを読む