Finding our way -留学体験記-

留学のすゝめ >「留学後も未来へ羽ばたくために」新着一覧

  • 2015/11/19
    「留学は人生への投資? 〜シカゴで見つけた6つの適応力〜」
    執筆者:久保田 智哉(シカゴ大学 生化学・分子生物学) 
    シカゴ大学 生化学・分子生物学でポスドクをしております久保田智哉と申します。この度、知人にご紹介いただいたご縁で、全世界日本人研究者ネットワークと実験医学(羊土社)との共同企画『留学のすゝめ!』の留学体験記コンテンツへ寄 ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    留学のその先は?
    執筆者:服部 峰充(東北大学工学研究科 特任助教)  留学先:The University of Chicago (アメリカ合衆国)
    私は留学先から日本に帰国したばかりで、留学経験がその後どう生かされているかの判断はまさにこれからなのですが、ここでは研究留学に興味を持っている方々が気になるであろう「留学のその先は?」ということについて私の経験を記述した ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    夫婦二人三脚のボストン留学
    執筆者:中川 草(東海大学医学部)&中川 春菜  留学先:Department of Organismic and Evolutionary Biology, Harvard University(米国マサチューセッツ州)
    はじめに 私(中川草、以下「草」)が留学先(研究室)を探す上でまず一番に考えたことは“自分のこれまでの経験を踏まえた上で、今後身につけたい知識・技術を習得できる環境であること”でした。留学を検討していた当初は、土地柄や日 ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    「先生、ただ今戻りました」
    執筆者:松井 稔幸  留学先:Broad Institute of MIT and Harvard(アメリカ)
    T君:「MITって大学がすごいらしいで」 K君:「へ~~、俺はマサチューセッツ工科大学ってのが凄いって聞いた」 T君:「え、だからMITやろ?」 今でもはっきりと覚えている、高校時代の休み時間の会話である。ご存知の通り、 ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    ムラビトを遠き南の島に向かわせたもの
    執筆者:三田 貴臣(Cancer Science Institute of Singapore, National University of Singapore)  留学先:Dana-Farber Cancer Institute, Harvard Medical School
    キャリアディベロップメント(Career Development)という言葉があります。日本では主にビジネスの用語として使われ、「キャリア育成」とも訳されます。しかし、それは受動的なものではなく、諸外国においては、自身の ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    環境、興味、たまに空転、研鑚、そして今後。
    執筆者:藍原 祥子  留学先:ネスレ研究所(Nestlé Research Center)スイス、ローザンヌ市
    ずっと東京に居て私は少し飽きていたのか、博士号取得後は世界最大の食品企業、ネスレの研究所に行くことにした。海外の長期滞在は初めて。第二外国語のフランス語も初めて活躍する機会となったが残念なことに「Je suis étud ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    生涯サイエンティストとして成功することとは
    執筆者:池田 史代 (IMBA,ウィーン)  留学先:ゲーテ大学 生化学第二講座 (フランクフルト)
    あなたは生涯のうちに何を達成したいですか? たとえ今はっきりした答えがなかったり、答えが変わったりしてもよいですが、この質問を頭において毎日を過ごすことがとても大事だと思います。これをふまえて、海外でサイエンスをすること ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    留学中常に頭をよぎる2つのこと
    執筆者:柏木 哲  留学先:Vaccine & Immunotherapy Center, Massachusetts General Hospital, Harvard Medical School
    実践的なものについては他の方々が書かれておられますので、私が思うポスドク中にやっておく?ことを2つ、挙げてみたいと思います。 1.常に、独立志向的発想 日本では大学院から助手(助教)、そのまま同じ研究室/講座内で上へ、と ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    君の頑張りは僕らの励み
    執筆者:五十嵐 和彦(東北大学大学院医学系研究科生物化学分野)  留学先:米国シカゴ大学
    学者を目指す若者が留学後のキャリアを築いていく上でのアドバイスは何か? 私の留学(1991〜1993、米国シカゴ大学博士研究員)は20年以上前のことなので、帰国後の大学事情も現在とはだいぶ違っています。簡単に答えることは ... 続きを読む
  • 2015/11/19
    ポスドク研修後も未来に羽ばたくために
    執筆者:荻野 周史(ダナ・ファーバー癌研究所、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院、ハーヴァード大学医学大学院病理学教授およびハーヴァード大学公衆衛生学大学院疫学部教授)  留学先:ペンシルバニア医科大学(現ドレクセル大学)アレゲニー総合病院病理学科研修医(1995〜1997) ケースウェスタンリザーヴ大学病理学科研修医(1997〜1999) ペンシルバニア大学分子病理学クリニカルフェローおよびポスドク研究員(1999〜2001)
    はじめに 私は医学部卒業後、米国で病理学医師となる研修を受けることを目指しました。在沖縄米国海軍病院でインターンをしながら米国医師免許試験に合格して、1995年に渡米しドレクセル大学アレゲニー総合病院にて病理学研修を始め ... 続きを読む