UJAについて

Mission

私たちは海外各都市にある日本人研究者コミュニティの連合(現在の参加コミュニティはこちら)、海外日本人研究者ネットワーク United Japanese researchers Abroad (UJA) を2012年末に立ち上げ、お世話させていただいているものです。(2016年追記:活動の拡大に伴い、海外日本人研究者ネットワーク United Japanese researchers Around the world(UJA)に名称を変更し、活動を継続しております。)

私たちがUJAを立ち上げたのは海外の日本人研究者同士の大規模かつ有機的な結びつきからお互いの研究キャリアを高めあい、さらに究極的には日本の科学技術の未来を明るくしていく、そのためのアクションを起こしていきたいと考えたからです。個人としてまた日本国家としてグローバル競争を勝ち抜くことを考えたとき、日本人であることを生かした広範で戦略的なネットワーキングは不可欠だと、海外に身をおいて強く感じるようになりました。海外の各地域には日本人研究者による自主的な勉強会組織がありますが、地域を超えた大規模な活動は無く、また主催者が異動等で代わると自然消滅することもしばしばです。また全体としていったいどれだけの日本人研究者が海外で研究に従事しているのか、いかなる機関も把握していないようです。

そういったなかで2012年10月に日本学術振興会ワシントンオフィスのサポートのもと、米国東海岸各地の勉強会の幹事が一堂に会する機会を得まして、それぞれの抱える問題意識などの意見交換から地域間連携の機運が芽生えました。その後、本業の研究の合間を縫って連絡を取り合いながら上記のUJA発足に至りました。現在では主に米国・東海岸の以下の地域コミュニティから参加者を得ておりますが、やがては全米から海外全域へと広げ、またコミュニティ単位だけでなく個人単位でも参加できるよう体制を整えたいと思っています。(2015年追記:既に現在までに、急速に参加地域・参加者・賛同者を拡大しており、団体名をグローバルなものに変更いたしました。)

2013年3月21日にも再び日本学術振興会ワシントンオフィスに集まりまして、具体的なUJAの活動方針や運営方法、また日本学術振興会ワシントンオフィスから運営をサポート頂く旨を確認しました。現在のところまだ準備段階ではありますが、主に下記の3つのミッションを遂行していきたいと思っています。

  1. 留学を考える人へ情報・支援を提供する窓口の整備
  2. 日本・国際舞台において活躍し続けるための相互支援とキャリアパスの透明化
  3. 教育・科学技術行政機関との情報交換および連携

また、分子生物学会年会での新しい企画「海外ポスドク呼び寄せ」「生命科学研究を考えるガチ議論」などは、日本の科学研究が一つの岐路に差し掛かっていることへの強い危機意識が背景にあるのかと思います。日本を取り巻く環境は厳しくなる中において科学研究でリーダーシップを発揮していく為には、国際感覚豊かな人材を養成・確保する必要があります。その一方で、現場の若い人たちは目の前のキャリアに不安を抱き、特に先の見通しが不確かな留学をためらうというのが現状でしょうか。私どものミッションはこのような問題へのアプローチとして合致するところが多く、何より我々の立場だからこそ出来ることも多いのではないかと思いました。日本分子生物学会は生命科学系学会として最大規模であり、とりわけ大学院生・ポスドク世代が多く参加しますので、この分野での留学に関するホットでリアルタイムの情報を提供することには大きなニーズがあるのではと考え、具体的な提案としまして以下のようなアイデアを持っております。

1.留学相談コーナーのブースを設けさせて頂き、以下のような活動を行う
・ 留学希望者への情報提供
・ 日本人ポスドクを募集しているラボの紹介
・ 海外ポスドクのための就職面接のような機会を設ける
2. Funding agencyとの議論に参加させて頂き、海外での経験、海外からの視点を含めて議論を深める
3. 留学経験者を対象とした大規模アンケートを実施し、研究留学の実態を紹介する
4. 大規模アンケート結果を元に、実態に則したより良い頭脳循環システムの在り方を議論・提案する

上記のアイデアはまだ骨組みの段階で、これから皆さんの意見を伺いながら肉付けを進めてまいります。いざ実行するとなれば多くの方の協力が必要となりますのでその時はどうかよろしくお願いします。またこの他にもアイディアがありましたら、是非検討させていただきたいと思っておりますのでこのサイト上やEメールにてご提案頂けますと幸いです。

United Japanese researchers Around the world (UJA) 世話人

(初掲載日:2013年12月、最終更新日:2015年12月7日)


これまでの活動内容

第37回 分子生物学会年会での特別企画の開催(2014.11)
第76回 日本臨床外科学会での特別企画の開催(2014.11)
NIH金曜会×UJAプレゼンツ 日米日本人研究者交流会 開催(2014.10)
第52回日本癌治療学会学術集会での特別企画の開催、及び留学相談ブースの設置(2014.8)
第13回日本再生医療学会総会での特別企画の開催、及び留学相談ブースの設置(2014.3)
第36回分子生物学会年会での海外留学に関するワークショップ・留学相談ブースの設置(2013.12)
海外留学に関する大規模アンケート調査の実施(アンケート結果概要PDF詳細PDF)(2013.8 - 2013.10)
細胞工学研コミュ白書への寄稿(2013.06)

第37回 分子生物学会年会 第76回 日本臨床外科学会 NIH金曜会 日米日本人研究者交流会 2014
第52回日本癌治療学会 第13回日本再生医療学会総会 第36回分子生物学会
海外留学に関する大規模アンケート


沿革

2012.10. 第1回アメリカ各コミュニティの幹事連の会議(JSPSワシントンオフィスにて)
2012.12. UJAホームページの設置
2013.02. 第2回UJA運営会議(JSPSワシントンオフィスにて)
2013.04. UJAホームページリニューアル
2013.11. 第3回UJA運営会議(ボストンにて、JSPSフェローミーティングとのジョイントミーティング)
2013.12. UJAホームページリニューアル(メンバーページの設置)
2014.12. 第4回UJA運営会議(JSPSワシントンオフィスにて)
2016.07. アメリカNPO法人 「UJAW (United Japanese-researcher Around the
World) ,Inc」 設立
2016.08. 「一般社団法人海外日本人研究者ネットワーク (英語名:United J-researchers Around the World (略称 UJA)) 」 設立


UJA運営メンバーについて

UJAは、世界各地の研究者によるボランティアによって運営されています。
各種お問い合わせやUJA運営のご協力など、いつでもお気軽にメンバーまでご連絡下さい。

UJA運営メンバーについて


情報公開

一般社団法人 海外日本人研究者ネットワーク (英語名:United J-researchers Around the World (略称 UJA))
定款(PFD)

UJAW (United Japanese-researcher Around the World) ,Inc
事業体の概要


協賛

Keyence_logo     Medi_Cubic_Logo      cmn_logo